• TOP
  • ビジネス
  • CECIL McBEE全店舗閉鎖は「ファッションの終焉」を象徴か

ビジネス

2020.07.28 07:00  NEWSポストセブン

CECIL McBEE全店舗閉鎖は「ファッションの終焉」を象徴か

渋谷・道玄坂交差点にある渋谷109

渋谷・道玄坂交差点にあるSHIBUYA109

 少し前に放送が終わったドラマ『M 愛すべき人がいて』は浜崎あゆみがスターになるまでの事実をもとにしたフィクションだったが、背景である1990年代から2000年代のファッションや音楽も積極的にドラマに取り入れていたことも話題だった。当時の女の子たちにとって欠かせなかったのは、渋谷109にテナントを構えるギャルファッションブランド。元タレントでモデルの木下優樹菜さんもアルバイト店員をしていた場所だ。その代表格である『CECIL McBEE (セシルマクビー)』が全店舗を閉鎖、今後は通信販売に特化していくと発表された。ライターの森鷹久氏が、ギャルファッションブランドの栄枯盛衰、ファッションそのものが迎えている危機についてレポートする。

 * * *
 ギャル系ファッションブランド「セシルマクビー」が、2021年2月までに全店舗を閉鎖すると発表した。ティーン向けファッション誌編集者だった筆者にとって「セシル」の愛称で呼ばれる同ブランドの店舗閉鎖は隔世の感がある一方で「意外と長く持った方」と吐露するファッション関係者もいる。

 東急電鉄子会社が運営するファッションビル「SHIBUYA109」といえば、女性で知らない人はいないだろうティーンファッションの殿堂であった。とりわけ「ギャルファッション」ブームを牽引するブランドが多くテナントに入っていることから、ギャルの間では「マルキュー」と呼ばれ、そこで働く店員たちは「カリスマ」と称される憧れの場所だった。元タレントの木下優樹菜さんも、某人気店の店員を経て芸能界デビューしたことがよく知られている。そんな「マルキュー」の中で、長らく売り上げ、店舗面積ともにナンバーワンだったのが「セシルマクビー」である。

 当時のギャルブームにおいて、「セシル」は一斉を風靡していた国民的歌姫・浜崎あゆみも愛用している……といった話も聞こえてくるほどの人気ブランドだった。一口にギャルといっても好みのファッション傾向は様々だったが、「セシル」は金髪に黒肌の「黒ギャル」から、色白でセクシー路線の「白ギャル」と呼ばれる子まで、幅広いジャンルの女性から支持される稀有なブランドだった。雑誌の取材で、どんな地方へ行っても、その地域のファッションリーダー格であろう女子中高生が「セシル」のショップバッグを、これ見よがしに背負っているのを見かけるたびに、同ブランドが若い女性の「憧れ」になっていることを実感した。

「セシル」の運営は当時、現在とは異なる法人が運営していた。当時の運営関係者が振り返る。

「たしか、ショップ店員の時給で1000円を超えていたのはうちだけでした(笑)。それほど勢いがありましたし、ファッション雑誌さんに商品を貸し出す際にも、かなり口うるさく言っていました。ブランドイメージをとにかく大切にしていたんです」(関係者)

関連記事

トピックス