国内

育児放棄の母親をただ罵倒しているだけでは悲劇は防げない

SNSだけでどんな母親だったか判断できるはずがないのだが

SNSだけでどんな母親だったか判断できるはずがないのだが

 幼い子供が虐待によって死亡する事件が起きるたびに、保護者(多くは母親)への非難の声が高まる。ネット、とくにSNSでは、攻撃してよいと認められた相手が現れたとばかり、親のSNS履歴などを勝手に解釈して非道な人格をつくりあげ、罵詈雑言をわめきちらす人たちが出現する。大田区蒲田で発生した保護責任者遺棄致死事件をきっかけに、ライターの森鷹久氏がSNSと現実との乖離と、無責任なSNS罵倒民たちについて考えた。

 * * *
 声すらあげられない小さな命の灯火が、また消されてしまった。

 わずか3歳の女児が食事も与えられず部屋に閉じ込められ放置された末に死亡した、東京都大田区蒲田で発生した事件について、区は検証チームを設置したと発表した。定期検診にも訪れなかった事を放置していたのではないか、さらには区の職員が自宅を訪ねたとき中に女児が一人でいたのではないか、といった行政への批判が相次いでいることを受けての対応と思われるが、被疑者である母・S子の生育環境についても議論になっている(S子については実名報道されているがこの稿ではS子と表記する)。

「S子自身も、ネグレクト(育児放棄)や虐待を受けていたと週刊誌が報じました。あばら骨が浮くほど痩せこけていた、包丁で切りつけられた、などその内容は凄惨で、S子の両親は共に逮捕されていることが新聞記事でも確認されています。まさに負の連鎖、悪の再生産が起きたのです」(大手紙社会部記者)

 筆者は以前、子供への性犯罪とその負の連鎖について取材し、小欄で記事にしている。かいつまんで言えば、子供に性的被害を加えようとする大人自身が、実は過去には同様の被害にあっていたケースが目立つ、という傾向についてである。すべての虐待サバイバーが同じ事を繰り返すわけではないが、悪循環の例がいくつも確認できてしまうため、よく言われるように筆者もそれを「負の連鎖」と表現した。

 今回も「ネグレクトや虐待を受けていた母親が、自らの子供にも同様のことをやってしまった」という文脈で語られているが、違和感がある。被疑者であるS子は、ある一時期までは確かに、愛娘を可愛がり、人並み以上の愛情を注いでいたのである。

「S子は施設育ちとは思えないほど明るく、そして可愛くて、男女問わずモテた。ちょっと天然なところはあるけど、S子のことを悪くいう人間はこっち(宮崎)にはいない。子供もとても可愛がっていたし、虐待するなんて絶対にありえない」(宮崎在住のS子の後輩)

関連キーワード

関連記事

トピックス

逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
北の富士氏
病気療養中の北の富士氏が大相撲中継にVTR出演「NHK解説者の後任に元大関・琴風が据えられる動きへの牽制」の見方も
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン