ネグレクト一覧

【ネグレクト】に関するニュースを集めたページです。

逮捕された細谷夫婦
「部屋は『ちいかわ』だらけのゴミ屋敷」「父親が『離婚しろ』と迫った」4歳児毒殺事件 逮捕された資産家夫婦の“素顔”
 2月14日、警視庁は2023年3月13日に4歳(当時)の次女・美輝(よしき)ちゃんに薬物などを摂取させ、自宅マンションで殺害した容疑で細谷志保容疑者(37)と夫の健一容疑者(43)の2名を逮捕した。全国紙社会部記…
2024.02.14 18:24
NEWSポストセブン
女児が転落したとされたジャングルジム
「息子の尿をコンドームに入れて隠し持ち、任意提出した」覚醒剤所持で有罪判決を受け、子供をネグレクト状態に置いていた母親の言い分
 2021年8月、滋賀県大津市の公園内に意識不明の状態で倒れていた小学1年生の女児(6=当時)が病院搬送後に死亡した事件。女児は当時17歳だった兄と母親との3人暮らしで、兄は「ジャングルジムから妹が落ちた」と…
2023.12.04 16:00
NEWSポストセブン
子どもの車内置き去りが危険な行為だと気づいていない親が多い
後絶たぬ子どもの「車中放置」 厳罰化の必要性と監視強化案
 8月に高松市で幼い姉妹2人が乗用車内に長時間置き去りにされて死亡した事件。保護責任者遺棄致死罪で起訴された母親は、以前にも複数回にわたって子どもを車内に残し、繁華街で飲酒していたと供述しているという…
2020.10.01 07:00
NEWSポストセブン
SNSだけでどんな母親だったか判断できるはずがないのだが
育児放棄の母親をただ罵倒しているだけでは悲劇は防げない
 幼い子供が虐待によって死亡する事件が起きるたびに、保護者(多くは母親)への非難の声が高まる。ネット、とくにSNSでは、攻撃してよいと認められた相手が現れたとばかり、親のSNS履歴などを勝手に解釈して非道…
2020.08.01 16:00
NEWSポストセブン
(写真/時事通信社)
「赤ちゃんポスト」の真実に迫る――母親はなぜ預けたのか
 赤ちゃんを遺棄や虐待から救う、命を守る。崇高な理念を掲げて設立された。それから13年、155人の子どもが預けられた。赤ちゃんポスト、それは新聞やテレビドラマで数多く取り上げられた名称だ。しかしあなたは赤…
2020.07.08 07:00
女性セブン
4年半前に入籍していた…
大東駿介120分告白「子供3人います」、極秘別居婚の理由とは
「家族をつくることが怖くて…でも子を堕胎する選択もできませんでした。彼女から妊娠を知らされたとき、『あなたは変われるの?』と聞かれて『ごめんなさい、変われません』と答えました。妻には申し訳ないのですが…
2020.06.04 07:00
女性セブン
コロナ禍のストレスで追いつめられ…。親と子のSOSが急増(写真/PIXTA)
外出禁止でわが子を虐待してしまいそう… そんな時の対処法
“もう限界”――毎日のようにインターネット上の窓口に寄せられる相談の中に、この言葉が何度も登場している。感染リスク、休校、在宅勤務、収入など、過去に前例のない大きなストレスに襲われた母親たちの悲鳴だ。わ…
2020.05.26 16:00
女性セブン
動画『外出自粛で高まる家庭内の虐待リスク』(「THREE FLAGS 希望の狼煙」より)でその危険性を訴える西坂さん。相談窓口も多数紹介している
外出自粛の弊害 連れ込み性犯罪、DV、ネグレクトの危険あり
 新型コロナウイルス感染防止のための外出自粛が求められるなか、家庭内暴力の危険度が高まっている。 子供の前で親が配偶者に暴力を振るう「面前DV」の経験者で映像作家の西坂來人さんは「長期にわたる休校は考…
2020.05.20 07:00
女性セブン
学校を変えた西郷校長もついに引退
中学生への接し方、母親の過干渉はあまり問題ないが父親は問題
 すべての校則は廃止、定期テストもない、授業中のスマホ利用もOK──あまりにも自由な校風で話題となった東京・世田谷区立桜丘中学校。2010年より同校の校長を務めた西郷孝彦さん(65才)が、この3月に教員生活を終…
2020.03.30 07:00
女性セブン
「お姉ちゃんはできたのに」きょうだい比較の子育て正しい?
「お姉ちゃんはできたのに」きょうだい比較の子育て正しい?
 今年4月に「改正児童虐待防止法」と「改正児童福祉法」が施行され、体に苦痛や不快感を与える罰は、たとえ、しつけのためでも禁止となる。子供をきちんとしつけるためなら体罰もやむを得ないとされてきたこれまで…
2020.02.24 16:00
女性セブン
しつけの“常識”に大きな変革の波が(写真/アフロ)
反省する心を養わぬ「体罰」 民法で容認した間違った過去
 今年4月に「改正児童虐待防止法」と「改正児童福祉法」が施行され、体に苦痛や不快感を与える罰は、たとえ、しつけのためでも禁止となる。子供をきちんとしつけるためなら体罰もやむを得ないとされてきたこれまで…
2020.02.20 07:00
女性セブン
保護犬・猫に自宅を開放する原奈弓さん(左。撮影/神史子)
自宅を保護犬猫に開放、年100匹を殺処分から救うボランティア
 一般社団法人「アニプロ」の代表・原奈弓さんは、神奈川県動物愛護センターから毎年、傷病・老齢を含む100匹以上の犬・猫を毎年引き出し、同センターの6年連続殺処分ゼロを実現したボランティアの筆頭格。新セン…
2019.10.18 16:00
女性セブン
京アニ放火容疑者、金と女にだらしないハンサム父親の素行
京アニ放火容疑者、金と女にだらしないハンサム父親の素行
 単独犯による犯行で戦後最大の被害者を出した京都アニメーション放火事件。34人の命を奪ったのは青葉真司容疑者、年齢は41才。事件現場からは数百kmも離れた茨城県常総市で、3人きょうだいの次男として生まれ育っ…
2019.07.25 16:00
女性セブン
片山萌美
片山萌美 バリの日差しを浴びて美しく輝くGカップ
 女優でグラビアアイドルの片山萌美(28才)が、6月21日にBlu-ray&DVD『take me,with you』(竹書房)をリリースした。 身長170cm、B92・W59・H87と、目が覚めるようなスタイルを持つ彼女。バリで撮影された本作…
2019.06.15 16:00
NEWSポストセブン
2936人の所在不明児 「生きたまま保護」は幸運なこと
2936人の所在不明児 「生きたまま保護」は幸運なこと
 貧困、育児放棄、DV──罪のない子供たちの不幸が相次いでいる。政府は1人でも多くの子供を救うために実態調査に乗り出したが、「調査の限界」にぶつかった。「誰も知らない」「誰にも知られていない」ゆえに、安否…
2019.03.07 11:00
女性セブン

トピックス

《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン