国内

切らないがん治療「陽子線治療」 患者は「バカンスのよう」

陽子線は病巣をピンポイントで攻撃できるため、正常な組織への影響が最小限に抑えられる(写真/新日本科学提供)

「切らない、痛くない、こんな治療法があるなんて信じられない気持ちでした。術後の生活は手術をした場合とは比べものになりません。陽子線治療が受けられて本当によかったと心から思います」

 こう話すのは、4年前に乳がんと診断された長野県在住の原田真弓さん(仮名・60才・会社員)。2度目の乳がんだった。

「1度目は右胸。幸い早期発見で、部分切除手術と放射線治療でがんは消え、ようやく迎えた10年目の定期検診で、今度は左胸に見つかったんです」

 今回もステージIで、命にかかわることはないと言われた。しかし、“また手術か…”と深いため息がもれた。右胸に残る大きな傷痕。1度目の治療がトラウマになっていた。

「術後に半年近くも続いた、あの痛みにまた耐えなきゃいけないのかと思うと…。腕を動かすだけで手術痕が引きつるように痛み、寝返りのたびに切除した胸の奥の痛みで目が覚める。切る治療の痛みやつらさを知っているからこそ、気持ちはどんどん塞いでいきました」(原田さん)

 しかし、治療を先延ばしにはできない。手術に向けて粛々と準備を進めていた。そんなとき、ある新聞記事が原田さんの目に留まった。乳がんの陽子線治療の臨床試験が始まったという内容だった。すぐに連絡を取り、2016年春、鹿児島県指宿市にある『メディポリス国際陽子線治療センター』で陽子線治療を受けることとなった。

◆99才肺がんの患者も治療

 がんの治療は、手術でがんを切除する「手術療法」、抗がん剤などの薬物でがん細胞を死滅させる「薬物療法」、放射線を照射し、がん細胞を死滅させる「放射線療法」が3大療法と呼ばれ、がんの部位やステージ、年齢によって治療法を選択する。

 原田さんが受けた「陽子線治療」とは放射線治療の1つ。2012年に作詞家のなかにし礼(81才)が、この治療で食道がんを克服したことでも話題になった。先進医療としても注目され、治療を受けた患者から「夢の治療」と呼ばれることもある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン