芸能

錦戸亮がコロナ禍でファンミ開催 訪れたファンが見た感染対策

どのようなファンミーティングだったのか(錦戸亮公式ホームページより)

 2019年にジャニーズ事務所の人気アイドルグループ「関ジャニ∞」から脱退した錦戸亮。現在はソロで音楽活動を続けている。そんな錦戸が、全国的に新型コロナウイルスの陽性判明者数が増加しているなかで、ファンクラブ会員を対象にしたファンミーティング、通称「ファンミ」を開催し、話題を呼んでいる。

「RYO NISHIKIDO FAN MEETING 2020」と題した今回のファンミは、8月1日の3公演、2日の2公演(いずれも神奈川・ぴあアリーナMM)、5日、6日のそれぞれ2公演ずつ(大阪・大阪城ホール)。錦戸の公式FCサイトでは、事前に注意事項として「厚生労働省のガイドライン、会場様の利用規約に基づき、会場収容人数の50%以下かつ関連スタッフを含む5000人未満で実施」すること、さらに「マスクを着用してのご来場をお願いいたします。開演中、退場時もマスクの着用をお願いいたします」といった文言も掲載されている。

 横浜で開催された初日の公演に参加したという女性ファンAさん(東京都在住・30代)が、現場の様子について語った。

「現場に到着するまでは『もし大好きな亮ちゃんのイベントでクラスター(集団感染)が発生してしまったらどうしよう』、『これがきっかけで世間から彼がバッシングされてしまったら怖い。もちろん自分自身の感染も怖い』と、なにからなにまで不安で寝付きも悪かったです。

 ただ、現地での徹底した感染対策を目の当たりにして、やっと安心できた。そのとき、ようやく亮ちゃんに会える実感が湧いてきました。現地では検温や身分証の確認だけでなく、靴裏の消毒や手荷物チェックもありました。その後、会場に入るまでに2度目の検温がありました。

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン