• TOP
  • 芸能
  • 『MIU404』も大ヒット 脚本家・野木亜紀子の「魅力の源泉」

芸能

2020.08.14 16:00  NEWSポストセブン

『MIU404』も大ヒット 脚本家・野木亜紀子の「魅力の源泉」

社会派のテーマをエンタメに昇華して好評(公式ホームページより)

 6月よりスタートしたドラマ『MIU404』(TBS系、金曜夜10時)が、7話連続で視聴率2桁をキープして好調となっている。脚本を手掛けるのは、野木亜紀子。『空飛ぶ広報室』、『逃げるは恥だが役に立つ』、『アンナチュラル』などヒットドラマを次々と生み出し、今もっとも注目される脚本家のひとりだ。

 そんな野木の最新作である『MIU404』は、綾野剛&星野源のW主演による刑事ドラマで、架空の臨時部隊「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」の活躍を描いている。

 第4機捜は、普段は覆面パトカーで地域をパトロールし、110番通報があれば事件現場に急行して初動捜査に当たる役割を負っている。あくまで“初動捜査”を担当する部隊であるため、24時間を過ぎれば、専門の課に捜査を引き継がなければならない。タイムリミットが設定されているからこそのスピーディーな展開が楽しめる作品だ。

 そんな『MIU404』の大きな魅力のひとつとして、社会問題をめぐる描写が挙げられるだろう。あおり運転、トランクルームで寝泊まりする人々、ブラック企業などを描いてきたが、特に話題になったのが、搾取される外国人労働者たちをテーマとした第5話「夢の島」だ。

 劇中で「外国人問題って視聴率取れないんだよね。そういうの、みんな興味ないよ」と皮肉めいたセリフがあったが、だからこそ、あえてそこに踏み込んだエピソードに「よくぞ」と称賛の声が寄せられた。

関連記事

トピックス