• TOP
  • 国際情報
  • 米国も中国も韓国も信用できない時代、今こそ台湾に向き合おう

国際情報

2020.08.20 16:00  週刊ポスト

米国も中国も韓国も信用できない時代、今こそ台湾に向き合おう

台湾の蔡英文総統(写真/EPA=時事)

 新冷戦ともいわれる米中の対立、悪化し続ける韓国との関係──日本の外交はかつてない難局を迎えていると、メディアの論調も悲観的なものばかり。だが日本人は忘れているのではないだろうか。頼れる、そしてなじみ深い隣国の存在を。台湾──すでにその価値を日本以外の国は気づいている。

 近年、日本を取り巻く国際情勢は大きな変革期を迎えた。

 最大の要因は、米中の衝突だ。2013年の習近平国家主席就任以来、覇権主義を強める中国は、札束外交で各国を傘下に置き、今年6月には香港に「国家安全維持法」を制定し民主派を追いつめている。

 一方の米国は、2017年のトランプ政権発足以来「アメリカ・ファースト」を推し進め、台頭する中国を封じ込めようと躍起だ。最近は互いの総領事館を閉鎖するまで、米中対立が激化している。

 従来、安倍政権は親米路線だが、トランプ大統領は自国第一主義を深めるうえ、前言撤回や態度豹変が日常茶飯事であり、全幅の信頼を置くことはできない。

 そうした間隙を縫って存在感を増すのが台湾だ。

関連記事

トピックス