• TOP
  • 芸能
  • 亀井京子アナ 先輩・大江麻理子さんに学んだ慕われる仕事術

芸能

2020.08.22 07:00  週刊ポスト

亀井京子アナ 先輩・大江麻理子さんに学んだ慕われる仕事術

亀井京子も「トレンドたまご」を担当した

 テレビ東京の看板番組『ワールドビジネスサテライト(WBS)』。その中で話題の商品を紹介するコーナー「トレンドたまご」は毎年新人アナが担当する登竜門だ。元テレビ東京の亀井京子アナ(37・現フリー)は、ここで先輩だった大江麻理子アナ(41)から撮影時のイロハを教わったという。

 * * *
「トレたま」は1998年から始まったご長寿コーナーです。取材にとても力を入れていて、放送日の朝7時から一日がかりでロケに出ることがほとんど。都内近郊はロケバスですが、新幹線で地方まで出ることもありました。新人アナにとっては本当に大変で、今日撮ったものをどう出すか、その見せ方も含めて“情報は生き物”という放送の基本を学びました。

 このコーナーは歴代の新人が担当する仕事なので、大橋未歩さん(42)や現在は「WBS」でメインキャスターをやられている大江さんも担当していました。大江さんは私が新人の時に、アシスタントとしてWBSに出演されていたのですが、いつもさりげなくアドバイスをいただきました。

 当時は日々の仕事に必死で、衣装のことまで考えられなかった私に、「亀井、袖のある服にした方が印象がいいよ」とそっと声をかけてくださいました。なによりスタッフへの対応が丁寧な方でした。

 どんな相手でも変わらず、中継現場で他局の方にも“これから本番に入りますのでよろしくお願いします”と声をかけていて、その人柄から社内外問わず慕われていたと聞いたことがあります。大江さんの仕事の姿勢には常に見習うべきところがありました。

 トレたま担当=新人アナという伝統は今も受け継がれていて、昨年入社の新人、森香澄アナも田中瞳アナも池谷実悠アナも担当されています。今でも夜に初々しいこのコーナーを見るとホッコリしますね。

【プロフィール】かめい・きょうこ/1982年生まれ、兵庫県出身。2005年にテレビ東京入社。1年目よりスポーツ番組を中心に担当。2007年に当時読売ジャイアンツの林昌範氏と結婚し、2008年に退社。現在はフリーアナとして活躍。

取材・文■河合桃子

※週刊ポスト2020年8月28日号

関連記事

トピックス