芸能

小島瑠璃子がテレビ業界で重宝される理由は「紅一点スキル」

熱愛報道が話題の小島瑠璃子(時事通信フォト)

 タレントの小島瑠璃子(26)と人気漫画『キングダム』作者・原泰久氏(45)の熱愛報道が話題だ。8月3日発売の『週刊ポスト』が、2人が福岡で仲睦まじく過ごす様子を報じ、その後、本人も交際を認めた。『キングダム』といえば、累計発行部数6600万部を誇り、アニメ化・映画化もされた大ヒット作。かねてより同作品のファンを公言していた小島が、作者のハートを射止めた形だ。

 とはいえ、19歳の年齢差ということもあって、この交際報道は世間を驚かせた。ネガティブな意見も寄せられたのか、小島は〈SNSだろうと誹謗中傷はしてはいけないし、直接傷つけるのと一緒ということが何故まだ浸透していないのだろう〉(8月10日付のツイートより)と意味深長に呟いていた。

 SNSでの「筋トレの意味がわからない」という趣旨の発言(4月)が批判されるなど、この頃は炎上も珍しくない小島。しかし、『サタデープラス』(TBS系)、『プレミアの巣窟』(フジテレビ系)、『サイエンスZERO』(NHK Eテレ)とレギュラー番組を何本も抱えており、飛ぶ鳥を落とす勢いは変わらない。

 なぜ小島はバラエティタレントとして重宝されるのか? テレビウォッチャーとして活動するコラムニストの飲用てれび氏は、小島は2009年のデビュー以来、テレビ業界で期待される“紅一点”の役割を見事にこなしていると指摘する。

「小島瑠璃子さんはこれまで男性MCの横や、男性芸人が出演するバラエティ番組などで活躍し、世間に認知されてきました。彼女の健康的で明るいキャラクターや、番組の流れを遮らず盛り上がりどころも作る当意即妙なトークは、とてもテレビ的です。また、男性タレント同士の悪ふざけが行きすぎないように釘を刺す立ち回りなど、テレビの”紅一点”のポジションに馴染みすぎるほど馴染んできました」

関連記事

トピックス

なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二 YouTube開設も厳しい現実「ヒロミパターン」の復活はあるか
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言
週刊ポスト
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン