芸能

小島瑠璃子がテレビ業界で重宝される理由は「紅一点スキル」

 ときに小島が「あざとい」と言われてしまうのも、その見事なコミュニケーション能力が理由のようだ。

「彼女の高いコミュニケーションスキルに基づく仕事ぶりは、“計算高い女”や“あざとい女”というイメージを与えてしまうこともあります。ただ、その評価はバラエティ番組の中では周囲が彼女をイジる際の定番ネタにもなり、結果として活躍の機会を増やしてきました。“紅一点”としての絶妙な仕事ぶりとそのネタ化を行き来しながら、“こじるり”は現代のバラエティ番組の寵児となったように思います。もちろんそこには、メディアや社会の若い女性に対するイメージの歪みが反映されているとも思いますが」(飲用てれび氏)

 しかし、小島のバラエティタレントとしての武器が“紅一点”としての立ち回りの上手さにあるならば、今回の交際宣言は、彼女のキャリアにどのような影響を及ぼすだろうか。「恋人ができて残念」とファンを落胆させるのか、はたまた「オジサンに夢を与えた」と好感度を上げるのか……? 頭の回転が速い小島のこと。今後の自身のキャリアについて、しっかり思いを巡らせていることだろう。

 ところで小島は5月12日に放送された『あちこちオードリー〜春日の店あいてますよ?〜』(テレビ東京系)で気になる発言をしていた。「パーツは組み終わって、あとはタイヤが擦り切れず何キロ走れるか?」と自身の芸能活動を自動車に例え、「もう1回、組む作業がしたい」「誰かに勝とうとかじゃなくて、『自分はどういうふうにできるかな? どういうふうにテレビに出るのが楽しいか、面白いか?』って考えていた」と語っていた。

 また、新型コロナウイルスの影響で見送りになったものの、中国進出も考えていたという小島。収録時点ですでに原氏と交際していたかは不明だが、もともと現状を変化させることに楽しさを見出すタイプのようだ。いずれは、これまでの紅一点とまた違う、新たなポジションを切り拓いていくのかもしれない。

●取材・文/原田イチボ(HEW)

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト