ライフ

行ってはいけない場「禁足地」になぜ人は惹かれるのか?

長野県のオソロシドコロ

 テレビなどでも怪談特集が組まれるような季節になってきた。オカルト的恐怖とは別に、思わず畏怖の念を感じる場所、それが「禁足地」(足を踏み入れてはいけない場所)だ。これらは果たしてどんなものなのか。具体的にどこが該当するのだろうか…。

●教えてくれたのは…
怪談・オカルト研究家 吉田悠軌さん/怪談サークル「とうもろこしの会」会長。怪談の収集、怪談現場や怪奇スポット、奇祭探訪をライフワークとする。著書に『禁足地巡礼』ほか多数。

 人はなぜ、“行ってはいけない場所”に惹かれるのか。 「肝だめしは、江戸時代以前から行われていました。恐怖を体験するという行為は、大人になるための通過儀礼だったのではないかと推察します。死や神秘が遠くなっている現代こそ“異界を体験する”ことは重要。ルールとマナーを守ることを前提に、肝だめしはした方がいい」(吉田さん、以下同)

 あらゆる恐怖スポットを知り尽くす吉田さんだが、残念ながら霊感はゼロ。どうしても体験したくて、知人から「深夜の吉原がこれまででいちばん怖かった」と聞き、江戸幕府公認の遊廓として栄えた東京・台東区の旧吉原を友人4人と訪れたことがある。

「カメラを回しながら前を歩いていると、後ろの3人が時間差で『あっ!』と声を上げた。3人とも口を揃え『左から右に、強烈なおしろいのにおいが通り過ぎた!』と。ぼくはやはり、何もにおわなかったですね(苦笑)」

 それでは吉田さんがん選ぶ4つの「禁足地」を紹介する。

オソロシドコロ(長崎県)

 オソロシドコロ=恐ろし所との名のとおり、聖地・龍良山にある、立ち入ることもタブーとされた原生林。「超人である天道法師を祀った石塔が『表八丁角』、その母親を祀るのが『裏八丁角』といわれています。間違って森に入り、これらの石塔を見てしまったら、履いていた草履を頭にのせ『インノコ(犬の子)』と唱えながら後ずさりして戻らなければ、命を落とすとされています」。

 天道信仰は太陽崇拝がもととなっており、舟に乗って対馬に流された女性が太陽の光で妊娠し、生まれた男児が天道法師であるとされる。

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン