• TOP
  • 芸能
  • 渡哲也さんと弟・渡瀬恒彦さんの絆と心震わせる男の美学

芸能

2020.08.25 07:00  週刊ポスト

渡哲也さんと弟・渡瀬恒彦さんの絆と心震わせる男の美学

男の美学を貫き通した(時事通信フォト)

 石原軍団の解散を発表してひと月足らず、渡哲也さんが与えられた役割を終えたかのように78年の生涯を閉じた。互いに信頼し合い、深い絆で結ばれた弟・渡瀬恒彦さんがこの世を去ったのは3年前(享年72)。昭和の銀幕を駆け抜けた名優兄弟は、誰もが心震わせる男の美学を貫いた。

 淡路島で育った3歳違いの兄弟は、ともに兵庫の名門・三田学園で中高時代を過ごした。青山学院大学へ進学した渡さんは、航空会社の整備士を志す。そんな兄に運命のいたずらを仕掛けたのが渡瀬さんだった。1964年日活に兄の写真を内緒で送り、就職試験に落ちた渡さんが日活を訪れるとすぐに採用され、翌年には『あばれ騎士道』で主演デビューを果たした。

 早稲田大学に通った渡瀬さんは電通PRに就職するも、1969年に東映の名物プロデューサー・岡田茂氏に口説かれ、兄と同じ道を歩むことになる。1971年にNHKの連続ドラマで初めて共演したが、2011年のドラマ『帰郷』まで実に40年間、2人が同じ作品に出ることはなかった。

「タイプの全く違う2人を生かす作品に巡り合えなかったのでしょう。渡瀬さんは器用で、どんな役もこなせた。渡さんには圧倒的な存在感があった。お互いがお互いにない特長を持っていました」(芸能ジャーナリスト・二田一比古氏)

 仕事ではほとんど顔を合わせなかったが、双方を思いやる気持ちは強かった。

関連記事

トピックス