国内

コロナ禍の事業主「むしろ儲かっている」人たちの生き方とは

東京都の営業時間短縮要請を受けて、営業が終了した飲食店が続く銀座コリドー街(時事通信フォト)

東京都の営業時間短縮要請を受けて、営業が終了した飲食店が続く銀座コリドー街(時事通信フォト)

「ピンチはチャンス」とは、新型コロナウイルス感染症のために緊急事態宣言が発されたとき、いろいろな場所で経営者が従業員を鼓舞するのに使っていた言葉だ。実際に働く人たちからは、ピンチしかないと不評だったが。では、第2波が現実のものとなりつつある今、人々はどのようにコロナと向き合っているのか。ときには、コロナ禍を逆手にとるようにしてチャンスに変える人たちについて、ライターの森鷹久氏がレポートする。

 * * *
 東京都板橋区内の飲食店は、今日も賑わっていた。

「みんな旅行も帰省もしないから飲むしかないのか、例年の2倍以上の売り上げ。空いててよかった、って来てくれる。時短営業? 今回は応じません。応じるだけ損ですから」

 同店の店長・吉住隆太さん(仮名・40代)は、コロナ禍で多くの飲食店が苦境に立たされる中で「むしろ儲かっている」と自信を見せる。緊急事態宣言の前後には流石に店を閉めたり、時短営業をせざるを得なかったが、それも東京都から出た「協力金の50万円」目当て。持続化給付金の100万円、さらに妻と子供3人の家族5人分を合わせた給付金50万円、しめて200万円の臨時収入があったのだから「辛いどころかラッキー」だと言い切る。

「うちの客の9割は常連。人様の商売に口出すつもりはないが、ネットの口コミやらを気にしすぎたり、高級でオシャレ路線に走ったりせず、極端に安くもしない。常連さんが居心地の良いよう、ニーズに答えてきただけ。だから、ある程度世の中が混乱しても、客は来てくれた。ありがたいことです」(吉住さん)

 コロナ禍で多くのビジネスが沈滞する一方で、このように儲かる人、賢く生きようとしている人は少なくない。千葉県在住のデザイン事務所代表・川島淳一郎さん(仮名・40代)も、苦境を「機会」と捉えた一人。

「広告デザインが主な収入だったため、コロナでかなりやられました(笑)。仕事がないから探してこい、といっても仕事はないからどうしようもない。そういうわけで、会社の財務の見直しをやろうということになりました」(川島さん)

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン