• TOP
  • 国際情報
  • コロナも暴動も「バイデンのせい」にしたトランプ戦術が炸裂

国際情報

2020.09.02 07:00  NEWSポストセブン

コロナも暴動も「バイデンのせい」にしたトランプ戦術が炸裂

超攻撃型のトランプ・レトリック(CNP/時事通信フォト)

 日本は国のリーダーを選ぶ重大局面を迎えているが、アメリカ大統領選挙も、いよいよ大接戦になって白熱してきた。メディアを巻き込んでムーブメントを作る戦略では、トランプ大統領のほうがうわてである。ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏は、「トランプがバイデンを抜き去る日」が近づいていると大胆に予想する。

 * * *
 民主、共和両党の党大会を見て、共和党のほぼ完璧な勝利だと感じた。しかしながら、こんなに早くその効果が出るとは想像していなかった。各種世論調査を分析して平均値を割り出しているReal Clear Politicsによると、共和党大会が終わった直後の各種調査をまとめると、アメリカ全土では引き続きバイデン氏が6.9ポイントほどリードしているものの、肝心要の激戦区では、完全にトランプ氏に流れに乗った。

ジョージア州:45.6対46.7(バイデン対トランプ 以下同)
オハイオ州:47.0対44.7
ミネソタ州:49.3対44.0
アイオワ州:45.0対46.7
ネバダ州:48.3対44.3
テキサス州43.3対46.8

 いずれの州もほぼ統計誤差の範囲内であり、両候補は横一線に並んだと見るべきだ。一時は激戦区の平均で2桁の差をつけていたバイデン氏は、尻に火がつて慌てているはずだ。今週末の同調査では、トランプ氏が逆転し、優勢になっているだろう。大統領選挙では、追い上げる側が有利である。トランプ氏は波に乗った感がある。日本でも同じだと思うが、選挙戦で見ておくべきは、支持率そのものより「勢い」である。

 なにしろ共和党大会は、全面的に作戦勝ちだった。まず、今後も大論争が予想されるコロナウイルス問題については、本来ならトランプ氏と共和党の重荷になる不利な話題であるはずなのに、トランプ氏に言わせると「アメリカで多数の犠牲者が出ているのは中国のせい」なのだ。しかも、その原因を作ったのはオバマ政権が対中外交を間違ったからであり、その政権で副大統領を務めたバイデン氏に重い責任があるという。大胆不敵な主張である。このふてぶてしさがトランプ氏の真骨頂であり、アメリカの保守派たちは、こういうなんでも外国のせいにする論理が大好きなのだ。

関連記事

トピックス