• TOP
  • ライフ
  • ペットロスのつらさを語り合う座談会 参加者の9割は女性

ライフ

2020.09.05 16:00  女性セブン

ペットロスのつらさを語り合う座談会 参加者の9割は女性

47都道府県を巡ったまさおくんとは生後10か月のときが初対面。2000年から6年間、旅のパートナーだった(写真提供/松本秀樹さん)

 今は日本国内の15歳未満の人口より多いのが、ペット飼育数。完全にペットは家族と同様の存在なのだ。そんなペットが亡くなったら、どうやって喪失感を向き合えばいのだろうか――。

『ペット大集合!ポチたま』(テレビ東京系)の「ポチたまペットの旅」でラブラドール・レトリーバーの「旅犬」とともに全国を回った、タレント・ドッグトレーナーの松本秀樹さん。初代「まさお」くんは7才で悪性リンパ腫により他界し、2代目の「だいすけ」くんは6才のときに胃捻転で亡くなった。

「まさおは人間だと50才ぐらい、だいすけは45才ぐらいだったので、天寿を全うさせてあげられなかった後悔はいまでもあります。怒りと謝罪と悲しみはいつまでも残っていますね」(松本さん・以下同) 
 
 そんな“ふたり”を見送った松本さんのブログやツイッターにはさまざまなメッセージがいまも寄せられるという。

「ペットを失ってつらい思いをしている人から『どうやって立ち直ったのですか?』という質問が多く届きます。本音を言うと、ぼくも実は立ち直っていない。でも元気そうに見えるのはなぜかと考えたら、イベントや講演会がポイントだと気づいたんです。彼らの思い出を語りながら、会いたいぞ、悲しいぞという気持ちを言葉にしてアウトプットしている。自分の思いを吐き出して、みんなが共感してくれる。すると、気持ちがとてもラクになるんです」

 とはいえ、一般にはペットの死を友人や知人に話す機会はそう多くない。

「たしかに、友達とお茶を飲んでいる最中に『そういえばうちのコが死んじゃってね』とは言いにくいですよね。話を聞いてもらいたいのに、語る場所がない。あのコに会いたいな、寂しいなと思いながら悶々と暮らしている。だったら話す場を設けるのがいいと思ったんです」

 そこで始めたのが『私は一生ペットロス宣言座談会』だ。昨年9月に第1回を開催し、約20人が参加した。

関連記事

トピックス