• TOP
  • 芸能
  • 多部未華子、『わたナギ』で躍進 視聴者に支持される理由

芸能

2020.09.07 16:00  NEWSポストセブン

多部未華子、『わたナギ』で躍進 視聴者に支持される理由

高感度が上昇中の多部未華子、私服もおしゃれだ

 主演ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)が、大好評のうちに最終回を迎えた多部未華子(31才)。その好感度も上昇中のようだ。

 多部演じるキャリアウーマンの相原メイとスーパー家政夫・鴨野ナギサ(大森南朋)との、心温まるラブストーリーが描かれたこのドラマ。多くの視聴者を“おじキュン”させた大森に注目が集まっただけでなく、仕事に追われる女性を演じた多部も好評だった。エンタメ情報に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう話す。

「今回はキャリアウーマンとしてバリバリ働く美しい女性をコミカルに演じた多部さんですが、本来は冴えない女性も見事に演じられる個性的な女優さんです。必ずしも“美女”ばかりを演じてきたわけではないということで、親しみやすさも大きな魅力。そんな多部さんなので、キャリアウーマンを演じても嫌味がなく、視聴者もすんなりと共感できたのだと思います」(以下同)

 一方、プライベートではオーラたっぷりの多部。『女性セブン』2020年9月17日号では、背中があいたタンクトップに、クリスチャン・ディオールの帽子、さらにエルメスのサンダルという出で立ちで買い物をする姿がキャッチされている。

 ブランド物を身にまとい、セレブ感あふれる多部に対し、ネット上では〈こんな決め決めかつスタイル抜群な人が歩いていたら誰もがみるよね…〉、〈流石女優だなーおしゃれ〉、〈たぶん、すれ違ったら振り返って見ます。私服も可愛いしおしゃれ〉などと羨望のコメントが投稿されている。

「これまで“素朴な役”も多かった多部さんなので、今のゴージャスな私服にギャップを感じる人もいるかもしれません。でも、なんといってもスタイルがよく、とにかく華があるんですよね。親しみやすい雰囲気なのに、プライベートでサラッとおしゃれな服を着こなすというセンスのよさに惹かれる人も多そうですね。

 また、素朴なイメージだったところから、キャリアを積んでいくとともに、美しい女性へと“進化”していったということで、“私もこうなっていきたい”と思った視聴者も多いでしょう。そういった点に自分を投影する視聴者も多いはずです」

 多部は2019年10月に写真家の熊田貴樹氏と3年の交際を経て結婚。プライベートも充実している。

関連記事

トピックス