芸能

菅田将暉&小松菜奈の演技が王道恋愛映画に見事ハマったワケ

会見でも仲の良さを見せた菅田将暉(左)と小松菜奈

 今年3月に交際報道があり、「付き合ってるの?」「お似合いすぎる」という声が聞かれ、世間の注目の的となっていた菅田将暉(27才)と小松菜奈(24才)。そんな2人のダブル主演とあって、映画『糸』は8月21日の公開直後、国内映画ランキング初登場1位を獲得(全国週末興行成績・興行通信社)。先行上映と公開初日を合わせた4日間の観客動員数は約27万8000人、興行収入は約3億7000万円を記録し、旬な2人の息の合った演技が多くの人々を魅了している。本作が支持される理由について、映画や演劇などに詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
「涙が止まらなかった」、「運命ってあると思う」「小松菜奈がひたすら可愛い」など、SNSや口コミには、公開開始から続々と反響が寄せられている映画『糸』。それも、若い世代だけでなく、幅広い世代の胸を打っている。

 その理由は主に、映画のタイトルの通り、本作が1992年にリリースされた中島みゆき(68才)の楽曲『糸』に着想を得て作られたからだろう。『糸』は、28年にわたり多くの人に愛され、カラオケではバラードの定番ソングとして親しまれる、言わずと知れた名曲だ。歌手の絢香(32才)や福山雅治(51才)など、これまで数多くのアーティストもカバーしてきた。流行りの曲ではなく、慣れ親しんだ曲が劇中で流れた時、懐かしい気持ちになる人は多かったと思う。エンディングには、亀田誠治(56才)プロデュースの元、菅田と石崎ひゅーい(36才)が歌う『糸』も新たに挿入され、新旧融け合った演出で幅広い層の心を掴んだ。

 物語も『糸』の歌詞を連想させるような構成になっている。本作は、平成元年に生まれた菅田演じる高橋漣と小松菜奈演じる園田葵が、出会いと別れを繰り返し、平成の終わりに再開するまでの18年間を描いた恋物語。平成という一つの時代の始まりと終わりを通して、“縦と横の糸”のように2人の人生が絡み合う様子が描かれている。楽しさや嬉しさだけでなく、大切な人との死別や、信じていた人の裏切りなど、生きていれば誰しもに起こりうる悲しい出来事を丁寧にすくい取っている点も、観客の胸を打った理由だろう。

 だが、この作品の最大の見所は、主演の2人の醸し出す空気感にある。というのも、2人は本作で3度目の共演なのだ。2人はこれまで、2016年に公開された『ディストラクション・ベイビーズ』と『溺れるナイフ』で共演している。前者で描かれていたのは「若者の狂気と暴走」で、後者は「十代の恋物語」だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト