ライフ

懐かしの「夏休みの友」 昭和30年代の内容を振り返る

昭和のころ、夏休みといえばこの宿題だった(提供/富澤瑞夫氏)

 9月に入ってもなお厳しい残暑が続いている。思えば今年の夏は、新型コロナウイルスの感染拡大、遅い梅雨明け、そして40℃に迫る酷暑が列島を襲うなど、例年とは違う様相だった。子どもたちにとっても、夏休みそのものを体感できない異例の夏だったと言えよう。

 夏休みといえば「自由研究」や「読書感想文」などが宿題の代表格だった。それとともに、「夏休みの友」などの学習帳が思い出に残っている人も多いのではないだろうか。

 夏休みの学習帳は、休暇中に自分で勉強できる教材として開発されたもので、戦後は都道府県ごとの教職員組合などが主体となり、ガリ版印刷などで手作りされたものが存在していた。元小学校教師で教育評論家の親野智可等(おやの・ちから)氏が解説する。

「戦後においては、日常的に授業をしている先生が自前で教材をつくるのはとても無理なので、地区ごとに教材をつくる団体があり、そこが手弁当で教材を作っていた。その後、都道府県の教育委員会を中心に作られる地域も出てきました。内容は地域によって異なり、日記や国語や算数などの学習帳を1冊にまとめたものや、それぞれの科目を分けたものが作られました」

 昔の「夏休みの友」の現物から、昭和の子どもたちの生活を覗いてみたい。

 古書店で入手した昭和32(1957)年7月発行、山梨県立教育研修所と山梨県教職員組合が企画・編集した小学1年生向けの『なつやすみのとも』は「もう すぐ なつやすみ せんせいと いっしょに よんだり かいたり いたしましょう」という言葉から始まる。

 実際に鉛筆で子どもらしい文字で書き込まれた本書の元の持ち主は、当時の小学1年生の女の子とみられる。

関連記事

トピックス

SNSで拡散されている動画
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
25年以上も趣味で歌い続けたジャズのコンサートを昨年行った吉川美代子
長野智子アナはラジオ帯番組で“アップデート”、吉川美代子アナはいまもTBSの研修を担当【女性キャスターたちの現在地】
女性セブン
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
ご出席がかなうかどうかはご体調次第(5月、栃木県塩谷郡。写真/JMPA)
雅子さまの訪英に主治医「極秘同行」か 全ての日程にご出席を果たして「完全復活」を証明するための“安心材料”に
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン