• TOP
  • スポーツ
  • プロ入り目指す「合同練習会」に参加した無名高校球児の思い

スポーツ

2020.09.11 16:00  NEWSポストセブン

プロ入り目指す「合同練習会」に参加した無名高校球児の思い

全国からプロ志望の高校球児たちが集まった

 新型コロナの影響で春夏の甲子園が中止に追い込まれた2020年の高校野球。プロ入りを希望する高校3年生の“アピールの場”として初めて設けられたのが「プロ志望高校生合同練習会」だ。8月29、30日には甲子園で、9月5、6日には東京ドームで、合計100人以上の高校生がNPBスカウトの前で懸命なプレーを見せた。集まった選手たちの顔ぶれを見ると、もともとプロ注目株として名前が知られた選手以外に、全国的には無名の選手たちの姿も多く見られた。彼らはどんな思いを抱いて合同練習会に参加したのか。ノンフィクションライター・柳川悠二氏がレポートする。

 * * *
 甲子園球場で開催されたプロ志望高校生合同練習会(以下、練習会。8月29、30日)の翌日、伊丹空港(大阪国際空港)にその球児の姿はあった。鹿児島県の屋久島にある県立屋久島高校野球部の捕手、黒飛海太(くろとび・かいた)だ。彼は約1週間前の8月24日から関西に入り、姉の自宅に泊まって本番に備えていた。

「台風の情報があって、もし島から出られなくなったら大変だと思ったので、予定を早めたんです。練習会では140キロのボールを受けることになるかもしれない。これまで僕は最高135キロぐらいの球速しか受けたことがなかった。だから前日はバッティングセンターに行って、軟式の最高速のボールで目をならし、当日に臨みました」

 屋久島高校は昨秋の鹿児島大会2回戦で、今夏の交流試合に出場した鹿児島城西に敗れ、最後の独自大会は地区予選で種子島高校に敗れて県大会にたどり着くこともできなかった。黒飛は目立った活躍はできなかったものの、プロ野球選手になるという夢を諦められず、進路を迷っていた矢先、練習会の開催が決まった。

「高校野球の2年半で、プロのスカウトに声をかけてもらうような状況にはならなかった。それなら自分のプレーを見てもらえる場所に自分から行くしかない。プロ野球選手になるためには練習会に出るしかない。そう思いました」

関連記事

トピックス