• TOP
  • ライフ
  • できたてクラフトビールが飲める東京の醸造所3つを紹介

ライフ

2020.09.12 16:00  週刊ポスト

できたてクラフトビールが飲める東京の醸造所3つを紹介

 クラフトビールを味わうなら、チャレンジして欲しいのが、“できたて”を味わうこと。そこで、東京でも、できたてクラフトビールが飲める3つの醸造所を紹介しよう。

※新型コロナ対策で営業時間の変更、臨時休業の場合があるので、事前に各店舗にお問い合わせください。

■Y.Y.G.Brewery & Beer Kitchen

新宿からほど近く、ステンレスタンクのマイクロブルワリー感も堪能できる

 醸造所に併設されたビアバーでは醸造設備を眺めながら、最大14種類揃う自社クラフトビールを堪能できる。ホップの種類を醸造ごとに変える「渋谷IPA」は、醸造家の緻密な計算や表現力を感じさせる一期一会の豊かな香りと味わいを楽しめる。トロピカルな香りの後に力強い麦芽の風味が続く「代々木アンバーエール」も人気。ドライに仕上げた「原宿スタウト」は香ばしさに苦味や甘味が絶妙に絡んで飲み飽きない。

「渋谷IPA」(右、900円)や「代々木アンバーエール」(左、800円)、「原宿スタウト」(中、800円)のラインナップも

【住所】東京都渋谷区代々木2-18-3 1F/7F
【営業時間】火~金:17時~22時、土・日・祝:12時~22時
※ビール価格は1Fビアバーと7Fレストランで異なる
【定休日】月(祝日の場合は火)
※2020年9月現在

関連記事

トピックス