芸能

『エール』ヒロイン・二階堂ふみに後輩女優たちが憧れる理由

放送再開後はどんな演技を見せてくれるか(時事通信フォト)

 NHK連続テレビ小説『エール』が、9月14日より放送再開する。同ドラマのヒロイン・古山音(こやま・おと)役を演じているのは、女優の二階堂ふみ。戦前〜戦後の日本を舞台に、音楽の力で人々に元気を与えようとする夫婦を俳優・窪田正孝とともに演じている。

 二階堂といえば、宮崎あおいや蒼井優らと同じくもともと“サブカル女優”という一面があった。『ヒミズ』や『地獄でなぜ悪い』など“鬼才”園子温監督にミューズとして見出されたほか、1990年代サブカル漫画家の筆頭とも言える岡崎京子の傑作を原作とした『リバーズ・エッジ』で主演を務めたことも記憶に新しい。

 エッジの効いたクリエイターの作品にピタッとはまる一方で、朝ドラのような万人に広く愛されることが求められる場にも身を置けるのが二階堂の強みだ。2016〜2017年には人気バラエティ番組『ぐるナイ』(日本テレビ系)の名物企画「ゴチになります」にレギュラー出演し、お茶の間での知名度を一気にアップさせた。また、昨年公開され大ヒットした映画『翔んで埼玉』でのコミカルな演技も話題になり、メジャーとサブカルの、まるで両極端を自由に行き来するような振り幅の大きさに驚かされる。

 邦画界に注目してきた映画ブロガーのCDB氏は、二階堂が持つプロデュースセンスをこう称賛する。

「2018年に『リバーズ・エッジ』が映画化されたとき、行定勲監督に会って依頼をしたのは、実は二階堂ふみさん本人なんです。『女優が監督を指名する』という通常と逆のケースですが、彼女はこの作品のために水面下で動き、主題歌を担当した小沢健二や、原作者である岡崎京子にもプライベートで会っている。正式にクレジットはされていませんが、半ばプロデューサーの仕事を果たしており、彼女なくして映画は実現しませんでした」

関連キーワード

関連記事

トピックス

語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)
大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面
週刊ポスト
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
女性セブン
和久田麻由子アナ(左)の15人目の候補は岡山放送局の松本真季アナ(右写真はNHK岡山の公式ツイッターより)
NHK“ポスト和久田アナ”、15人目の候補は入局2年目「筋金入りのリケジョ」
週刊ポスト
風吹ジュンが父を亡くしていた
風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気
女性セブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)
離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」
NEWSポストセブン
長沢麗奈容疑者(21)
厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン