国際情報

トランプの姪、暴露本で「ドナルドは社会病質人格障害者」

メアリー・トランプは「(トランプ米大統領は)精神的虐待を受けてきた」と話した (写真/時事通信社)

「トランプ家は、家族として機能しないほど崩壊していました。ドナルドという人物は、そんなトランプ家が産み落とした“怪物”なのです」

 そう語るのは、ドナルド・トランプ米大統領(74才)の姪で臨床心理学者のメアリー・トランプ(55才)。叔父であり、世界中から注目される自国のリーダーであるドナルドに対して、彼女の言葉は冷ややかだ。

「ドナルドはその家庭環境から、『喪失』『恐れ』『孤独』といった感情を植え付けられていきました。それらに打ち勝つための強い防御意識が、彼の深層心理に定着し、彼のような人格が出来上がったのです」

 表情は常に自信満々、誰に対しても上から目線、時に暴言とも取れるセンセーショナルな発言で耳目を集め続けるドナルド。よほど“人生負け知らず”でないと、そこまで自信と自己肯定感の固まりにはなれないのではないかと思える。しかし、その姿を近くで見てきた姪は「彼が精神的虐待を受けてきた結果だ」と指摘する。

 メアリーは「ドナルドが大統領を2期務めれば、アメリカの民主主義は終わる」と警鐘を鳴らす。そんな「危険な男」の原点とは──。

 11月3日の米大統領選挙まで2か月を切った。新型コロナの感染拡大と経済混乱、黒人差別問題など課題が山積、アメリカではかつてないほど政治的関心が高まっている。

「7月の選挙戦当初、世論調査では対抗馬である民主党のジョー・バイデン前副大統領(77才)が、トランプ氏に大きく差をつけてリード。バイデン氏の圧倒的有利と思われていました。しかし、8月末に行われた調査ではトランプ氏が僅差に追い上げ、8ポイントあった差は2.5ポイントまで縮まりました。まだまったく結果が読めない状況です」(在米ジャーナリスト)

 再選に向け、意気軒昂なドナルド。しかし、そんな彼の「急所」となる本がアメリカで7月14日に発売された。ドナルドの兄の長女で、姪にあたるメアリーが記した『Too Much and Never Enough』だ。数あるドナルドの関連本の中でも、「初の身内による暴露本」として大きな注目を集め、9月上旬時点で全米で190万部を突破。その邦訳本が9月15日、日本でも緊急出版された。邦題は『世界で最も危険な男』(小学館刊)だ。

 日頃は怖い物知らずのドナルドも、この本には反応せざるを得なかった。 発売直後には《彼女(メアリー)は私のことをほとんど知らない。頭が混乱している人物だ》とツイッターで批判。さらに、発売直前にも、“攻撃”を仕掛けていたという。

「トランプ氏は暴露本の出版阻止に動いていたといわれています。出版前、トランプ氏の実弟・ロバート氏が裁判所に出版の差し止め請求の訴えを起こしました。ただ、当時ロバート氏はICUに入るほどの深刻な病状で入院中だった。そんな瀕死の弟を退院させ、差し止め請求をさせたのがトランプ氏だったそうです」(前出・在米ジャーナリスト)

 ドナルドが色をなして同書を闇に葬り去ろうとしたのは、そこによほど“明かされたくないこと”が綴られていたからにほかならない。

 暴露本ではドナルドの脱税や替え玉受験を指摘するだけでなく、メアリーによるドナルドの人格分析がされている。

「ドナルドは、他人とうまくつきあう能力を欠いた『社会病質人格障害者(ソシオパス)』です。世の中に出て他者とまじわって生きていく力は損なわれ、彼は常に孤立していました」

 要因となったのは、彼が生まれた“トランプ一族”にあるという。

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン