ライフ

虫歯治療、保険か自費か 値段だけで判断すると歯失うことも

虫歯治療は慎重に

虫歯治療は慎重に

「医療費」を考える時に、見逃してはならないのが、「歯科治療」のお金だ。治療が長期に及んで出費がかさむケースが少なくないし、費用が大きく異なる選択肢が示されることもある。だからこそ、治療費の差で、どんな違いが生じるのか、患者自身が知っておきたい。『週刊ポストGOLD 得する医療費』より、ジャーナリスト・岩澤倫彦氏(『やってはいけない歯科治療』著者)がレポートする。

 * * *
 歯科医院の初診で、必ず確認されるのが「保険の範囲か? 自費も検討するか?」である。この問いに、迷った経験を持つ人は多いのではないだろうか。

 がん治療など医科の保険診療は、有効性が確認された現時点で最適な薬や治療法だ。一方、歯科の保険診療は事情が少々違う。最も重視されるのは、コストパフォーマンスのバランス。全国どこでも同じ水準の歯科治療が、安く受けられるが、患者にとって「最適」な治療とは必ずしもいえない。

 さらに治療によっては、保険診療の点数(=治療費)が、驚くほど安く設定されている。歯科医院は治療費が安い分、短時間でたくさんの患者を治療しなければ経営が成り立たない。結果として、安すぎる保険診療は、手抜きや質の低い治療を招く温床となっているのだ。

 これまで、ベテラン歯科医がレントゲン画像を見て、溜息をつく場面に遭遇してきた。他の歯科医による手抜き治療が一目瞭然だからである。

 歯を残す最後の砦、というべき「根管治療」。歯の根から感染物質を除去する治療だ。保険診療の費用は、1歯あたり数千円から1万円程度。一方、マイクロスコープという医療用顕微鏡を使用した自費診療は10万~20万円と高額になる。しかし、10年後、保険で治療した歯を失い、自費は歯が残っているとしたら、どちらが本当に「お得」なのだろうか?

 患者としては、初診時に保険と自費の違いを丁寧に説明してほしいところだが、「儲けたい営利主義の歯医者」という誤解を受ける可能性を恐れて、大半の歯科医は説明に消極的だ。 そこで本稿では、「保険と自費」の違いとは何なのか、費用、素材、治療内容、治療後の経過まで徹底比較した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

謝罪をする田中聖(公式YouTubeチャンネル)
田中聖容疑者、覚醒剤所持でまた逮捕 芸能人が“やめられない”根本的な問題点
NEWSポストセブン
『ぴったんこ☆カンカン』スタート時の安住アナ(時事通信フォト)
泉ピン子が語る安住紳一郎アナ「とても負けず嫌い。すごい強さを秘めている」
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
TBS安住紳一郎アナ、恩師や先輩アナが明かす“天才的なしゃべり”“のスキル
週刊ポスト
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
日本は世界が憧れる国だと思っていたが……(イメージ)
在日経験のある外国人たちが「日本の没落」を口にし始めているという厳しい現実
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
SDGs(持続可能な開発目標)についてテレビが取り上げる機会が激増していた(イメージ、時事通信フォト)
テレビ局が一斉に発信していた「SDGs」、最近見かけなくなった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン