スポーツ

休場ばかりの横綱・白鵬と鶴竜 現役に固執して辞められぬ理由

かつての勢いに陰りが見える横綱白鵬(写真/共同通信社)

かつての勢いに陰りが見える横綱白鵬(写真/共同通信社)

 大相撲秋場所では、2横綱がそろって全休したことに加え、幕内力士の途中休場も相次ぎ、休場力士は約70人となった。

 右膝蓋大腿靱帯損傷などで8月13日に内視鏡手術を受けた白鵬は、師匠の宮城野親方(元幕内・竹葉山)の説明では「やっと歩ける状態。階段も上れず、蹲踞(そんきょ)もできず四股も踏めない」という状態で全休となった。

「もちろん部屋の稽古には不参加です。中央区の浜離宮を見下ろす自宅タワーマンションで家族と過ごし、マネージャーが通って身の回りの世話をしているという。モンゴルの歴史本などを読みふけっているとも聞きます。外出はせず、トレーニングのために借りている部屋にも行っていないようだ」(後援会関係者)

 角界最強の座をほしいままにしてきた白鵬も、この1年は優勝が2回あるものの、休場も3回と衰えを隠せない。

「いよいよ引退が視野に入ってきたが、親方として協会に残る条件となる日本国籍は得たものの、襲名する年寄株がない。功績著しい横綱にのみ認められる一代年寄の襲名も、素行の悪さから協会は認めない方針とされる。休場を挟みながら、“延命”して年寄株を探すつもりではないか」(ベテラン記者)

不戦勝に次ぐ不戦勝

 直近6場所で5回目の休場となった横綱・鶴竜の状況はさらに複雑だ。

「師匠の陸奥親方(元大関・霧島)も“次(11月場所)は進退をかける”と明言したが、鶴竜は帰化申請中で、まだ認められていない。このままの状態で引退となったら廃業せざるを得なくなる。鶴竜の場合、日本国籍を得られれば引退後に年寄株『井筒』が襲名できるといわれているので、なんとか時間を稼ぎたいところでしょう」(同前)

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン