スポーツ

休場ばかりの横綱・白鵬と鶴竜 現役に固執して辞められぬ理由

横綱鶴竜も休場が相次ぐ(時事通信フォト)

横綱鶴竜も休場が相次ぐ(時事通信フォト)

 鶴竜が所属する陸奥部屋は両国国技館のすぐ近くにあり、ファンを含めた関係者の目が多い立地だが、休場中の部屋周辺での目撃情報はなかった。

「2007年7月には当時の横綱・朝青龍が、腰骨の疲労骨折などを理由に夏巡業を休業しながらモンゴルでサッカーをしたことが問題となり、2場所の出場停止処分を受けた。2人の横綱は、いま何かあれば協会から引退勧告などの厳しい処分を突きつけられかねないので、休場中の行動には慎重に慎重を重ねているという」(同前)

 両横綱以外にも幕内力士で豊山(前頭4)、霧馬山(前頭5)、琴奨菊(前頭11)など途中休場が相次ぎ、初日から3連敗していた大関・朝乃山が2つも不戦勝を拾って“優勝争い”に顔を出す始末。

「朝乃山、貴景勝の両大関がピリッとしない土俵内容だから、白鵬も鶴竜も安心して休めてしまっている状況がある。日本人横綱が誕生すれば協会も休んでばかりのモンゴル横綱に厳しく指導できるので、“大量休場場所”で両大関に圧倒的な強さを見せつけてもらいたかったが、平幕の活躍で終盤まで大混戦。格好のチャンスを逃した」(協会関係者)

 いい加減な行動管理、上位力士たちの打算や思惑──休場力士だらけの本場所の裏側から、国技の危機が炙り出された。

※週刊ポスト2020年10月9日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン