• TOP
  • 芸能
  • 杏、魔女の声がハマり役 妖怪、幽霊を演じた個性派路線も

芸能

2020.09.30 07:00  NEWSポストセブン

杏、魔女の声がハマり役 妖怪、幽霊を演じた個性派路線も

『アダムス・ファミリー』での魔女役が注目の杏

 アニメや実写映画化もされた『アダムス・ファミリー』が初のアニメーション映画になって公開。日本語吹き替え版の個性あふれる声優陣に注目が集まっている。中でも存在感が際立つ、魔女の家系に生まれたモーティシアの声を演じる杏(34才)についてコラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 初のCGアニメ映画公開で注目の『アダムス・ファミリー』。実写映画や舞台版ファンの私も興味津々だが、それよりなにより、「ナイス!」と思ったのは、日本語吹き替え版の声優たちだ。

 物語は崖の上の奇怪なオバケ屋敷に暮らすモンスター一族のアダムス・ファミリー、父ゴメズと母モーティシア、娘のウェンズデー、息子のパグズリーが、丘の下の住宅地に住む人間たちと関わって、大騒動になるというもの。

 吹き替え版では、かっぷくがよくチョビヒゲのゴメズを生瀬勝久、無表情で人間の中学生たちを驚かせるウェンズデーを二階堂ふみ、まん丸顔につるつる頭のゴメズの兄フェスターおじさんにロバート秋山竜二、そしてげっそりと顔色が悪く超スレンダーの体を黒いロングドレスに包んだモーティシアを杏が演じているのである。

 不気味な黒雲から雨がポツポツする空を見て「なんてすばらしい朝かしら」とうれしそうなモーティシアは、魔女の家系に生まれ、ドレスの下に無数の蜘蛛を飼っている。考えただけでゾワゾワするが、家族をとっても大事にするマダムなのである。

 杏といえば、モデルとして海外のコレクションにも多数出演。その後、『ごちそうさん』でNHK朝ドラのヒロイン、『半沢直樹』と同じ池井戸潤原作の『花咲舞が黙ってない』では正義感あふれる銀行員、『デート~恋とはどんなものかしら』でフジテレビ月9の変わり者の主人公と、人気女優の王道を歩んできた。が、一方でマネのできない人間離れした役を数多く演じてきた。

 2011年、アニメヒットから四十余年の時を経てまさかの実写化と騒がれたドラマ『妖怪人間ベム』で、女妖怪人間ベラとして登場。こってりした妖怪メイクで、悪いやつにムチをふるった。杏がベラ!?と驚くかと思ったら、意外に違和感がないことにびっくりしたものだ。

 また、2013年の『幽かな彼女』では、香取慎吾演じる教師の部屋に棲みついた地縛霊に。幽霊なのに、いろいろと問題を抱えている複雑な存在だった。人間の役も個性派が多い。映画『忍たま乱太郎』では、一瞬にしてお婆さん(中村玉緒)に変身する女忍者教室の先生を演じている。歴女としても知られ、大河ドラマ『平清盛』では、初回に毛皮のパンツルックのような勇ましい姿の北条政子になって源氏の勝利を祝い、フジテレビの『剣客商売』シリーズでは、男装した女性剣士として多くの悪人を打ち負かしていた。

関連記事

トピックス