スポーツ

瀬戸大也の妻・優佳さんが答えた「私は大丈夫なんですが…」

「私は大丈夫なんですが…」と語る妻・優佳さん

 不倫が報じられた水泳の瀬戸大也選手(26才)。保育園のお迎え前にラブホテルに行くとは……と、世のママたちの心をざわつかせた。

 瀬戸は『週刊新潮』(10月1日号)で、東京・足立区のラブホテルで女性と1時間半ほど過ごし、その足で子供のお迎えに向かったと報じられた。

 瀬戸はすぐに謝罪コメントを発表。同時に水泳飛び込みの元日本代表選手で、現在はアスリートフードマイスターとして活躍する妻・優佳さん(25才)もコメントを発表した。その後も、瀬戸の夜遊びや派手な交友関係が次々に報じられている。

 9月30日、瀬戸は所属していたANAから契約を解除され、同日に日本オリンピック委員会(JOC)の「シンボルアスリート」を辞退するなど、騒動の余波は広がっている。

 10月上旬の平日の朝早く、都内にある一戸建てのガレージから、1台の車が発進した。ハンドルを握るのは、優佳さん。後部座席に子供を乗せて、保育園への送りに出かけた。

 その日の夕方、保育園への迎えに向かう優佳さんに話を聞いた──。

 優佳さんの両親はともに中国・上海出身で、1998年に日本国籍を取得。父の馬淵崇央(スーウェイ)さんは「飛込大国」といわれる中国で英才教育を受けた元アスリート。「選手よりもコーチの方が五輪を目指せる」と19才の若さで指導者に転じ、宝塚のスイミングクラブで日本人選手の指導をするようになった。

 日本人初の飛び込みメダリストの寺内健(40才)や、飛び込み界の超新星と目される玉井陸斗(14才)などが教え子で、次女・優佳さんもその1人だった。優佳さんは6才で飛び込みを本格的に始めると天性の才能を発揮し、日本を代表する選手に育った。

「馬淵さんの練習は厳しいことで有名です。寺内さんは小5で経験した4か月間の上海合宿を“地獄”と評していました。娘の優佳さんのことを特別扱いすることはなかったですよ。演技を失敗したのに優勝してしまったときには『ジャンプする気があるのか』と怒鳴られ、表彰式まで居残り練習。さらには表彰式後も練習をさせられていました」(スポーツ紙記者)

「五輪でメダルを獲得する」──馬淵さんはその一心で優佳さんを育ててきただろう。しかし、娘の競技人生は瀬戸との結婚を機に幕を閉じる。

「優佳さんは結婚の半年後に、22才で現役を引退。馬淵さんは優佳さんの決断を尊重しましたが、本音は残念だったのではないでしょうか。瀬戸の才能に懸けたのかもしれません」(水泳関係者)

 その後、優佳さんはアスリートフードマイスターの資格を取得するなど、瀬戸のバックアップに邁進。アスリートとしての夢を捨ててまで、娘は瀬戸を選んだのに──両親の憤りは想像に難くない。

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン