• TOP
  • 芸能
  • 浅野温子 60代間近にワンレンを遊び心溢れるアレンジ

芸能

2020.10.10 11:00  女性セブン

浅野温子 60代間近にワンレンを遊び心溢れるアレンジ

出演する映画は歴史もの

映像作品にとどまらず、古事記など日本神話や民話に現代的な解釈を加えて現代語で伝える一人舞台「浅野温子 よみ語り」にも力を注ぐ。「大人だけでなく小学生や中学生も会場へ足を運んでくださいます。若い子たちにも“あれ、日本にはこんなおもしろいお話があるんだ!”と感じてもらえる機会を増やしていきたい」。

 角川春樹が“生涯最後”の映画監督作としてメガホンを取った映画『みをつくし料理帖』が10月15日に公開される。同作で30年ぶりに角川組に参加したのが、浅野温子(59才)だ。

 トレンディードラマ全盛期のバブル時代、若い女性に爆発的に流行したロングのワンレングス“ワンレン”。トレンディー女優として名を馳せた彼女は、ワンレンの代名詞として語られるほど象徴的な存在だ。しかし、60代を間近に控えた現在のセミロングヘアはそのイメージを残しながらもサイドをアシンメトリーにして当時よりも攻めている。

 遊び心のあるカットが気になって浅野に声をかけると、「実はね、こうなっているの!」
と、クルッと体を半回転して後ろ姿を披露してくれた。するとセミロングに見えた髪はバックがショートボブに切り揃えられ、さらに攻めていた。

「暑い時期だったので襟足を短くすれば風通しがよくなって涼しいだろうなというのと、髪が長いと洗うのも大変で乾かすにもドライヤーをずっと持っているのが重くていやだなって。どうしたらラクに髪を手入れできるだろうと考えて、“よぉし、だったら後ろを短くしちゃえ!”ってね。江戸時代が舞台の『みをつくし料理帖』の撮影中に切ったので、かつらが着けづらいと床山さんに叱られちゃいました」(浅野・以下同)

 そう語り“えへへ”と肩をすくめる仕草がチャーミング。たっぷりとした艶のある黒髪に欠かせないのが、マイナスイオン搭載のドライヤー。

「数年前に1か月ほど名古屋で舞台があって、長旅に何か新しいものをお供にして気分をアゲたいなと思って買ったんです。髪のケアは毎日自分でしますものね。それをずっと愛用しています。あれ、顔にもいいんですよ。冷風で髪をガーッと乾かしたら、仕上げに顔にもマイナスイオンをビーッとやって。冬場にやりすぎると顔が凍っちゃうんだけど(笑い)、いまの季節はそれで肌の調子がとてもいいんです」

 身の回りにお気に入りのグッズを携えるのは浅野流のリラックス法で、自宅や移動車はドラえもんグッズであふれているのだとか。過去にはアニメの『ドラえもん』役の声優オーディションに自ら参加したほど、浅野は大のドラえもん好きとして知られている。

関連記事

トピックス