• TOP
  • 芸能
  • 尾上松也の母・河合盛恵さん「今度は自分の花を咲かせたい」

芸能

2020.10.14 07:00  女性セブン

尾上松也の母・河合盛恵さん「今度は自分の花を咲かせたい」

尾上松也、春本由香の2人の子と 盛恵さんは険しい人生を歩んできた

 歌舞伎だけでなく多方面で活躍する尾上松也(35才)。その母である河合盛恵さん(64才)にもまた、注目が集まっている。『ぴったんこカン★カン』(TBS系)などのバラエティー番組に出演するたび、その豪快なキャラクターから「松也のママ、強烈すぎる……」と、SNSなどで話題となっているのだ。

 盛恵さんの夫、つまり松也の父である歌舞伎俳優・尾上松助(享年59)が亡くなったのは、2005年12月のこと。当時、松也は20才、妹の真由香(27才。劇団新派に入団し、春本由香として活躍中)は13才だった。盛恵さんはこう話す。

「松也がここまでくるには、本人は口にしませんが、ひとかたならぬ苦労があったと思います。梨園ではよく、『父親を亡くすと苦労する』といいますが、一般のかたにはこれはわかりにくいかもしれません。父親がいないということは後ろ盾がなくなるということ。具体的に申しますと、キャスティングに影響のある幹部俳優に意見が言える人がいないということです。いいお役がつかないと、新規のファンがつかず、チケットも売れない。チケットが売れないと人気がないとみなされ、いいお役がつかない。堂々めぐりになるんです」(盛恵さん・以下同)

 そんな中で、松也は、自分の道を切り開くため、通常公演以外にもさまざまな家の役者の懐に入り、学んでいった。2008年には市川猿之助(44才)の勉強会に参加。2009年には自主公演『挑む』を立ち上げる。その際には大きな借金を負い、一時は自殺も考えたとテレビ番組で告白したが、そのことは盛恵さんは知らなかったという。

 松也は歌舞伎以外のジャンルにも挑戦していく。2012年に蜷川幸雄演出の舞台『騒音歌舞伎(ロックミュージカル)ボクの四谷怪談』(シアターコクーン)に出演したのを皮切りに、数々の舞台に立った。

 2014年には元AKB48の前田敦子(29才)との熱愛が報じられたが、過熱する報道をものともせず、テレビのバラエティー番組にも進出。その後の活躍は周知の通りだ。

関連記事

トピックス