芸能

竹内結子さん 警視庁本庁も動いた「最速で自殺断定」の背景

最速での判断が下されたわけは?

 東京・渋谷区に閑静な高級住宅街が広がる一角がある。その中でもひと際大きな低層マンションは、吹き抜けの中庭を囲むかたちで、家の中にいながら四季の移ろいを間近に愛でることができる。

 その家で、竹内結子さん(享年40)は9月27日に自ら命を絶った。家族4人で囲んだ夕食を終え、ひとりで2階にある寝室へ。1階2階ともに100平方メートルをゆうに超えるメゾネットタイプの部屋だ。大きな吹き抜けを通じて、階下の子供たちの賑やかな声が耳に届いていたかもしれない。

 数時間後、夫の中林大樹(35才)が変わり果てた彼女の姿を見つけたのは、ベッドルームに備わった3畳を超える広さのウオークインクローゼットの中でのことだった。午前1時57分に「妻がぐったりしている」と119番通報。警視庁渋谷署の警察官が駆けつけ、都内の病院に救急搬送されたが、そのまま帰らぬ人となった。

 相次ぐ芸能人の自殺。ただ、竹内さんが三浦春馬さん(享年30)や芦名星さん(享年36)と異なるのは、家族と同居していたことだ。

「ひとり暮らしでなく遺書もない場合、時間をかけて捜査が行われることが多いのですが、今回は自殺と断定するまで、わずか数時間。最速での判断が下されたとみられています」(全国紙社会部記者)

 元警視庁刑事の吉川祐二さんが解説する。

「自殺か他殺かの判断基準の1つは、遺書の有無です。亡くなったかたを病院に運んだ後、警察は現場で施錠状態の確認や、ご家族からの事情聴取のほか、遺書の確認を徹底的に行います。もし遺書がない場合は、遺体の情報から判断するしかありません」

 通常、犯罪性があるかはっきりしない場合、遺体は検視官のもと、「検視」が行われる。その後、犯罪性がないと判断された場合、死因や亡くなってからの時間を判断する「検案」が行われ、それでも死因が判明しない場合は、「行政解剖」が行われる。竹内さんの遺体は搬送先の病院で死亡が確認された後、警視庁渋谷署に移された。その際の対応は、一般的なケースとは異なるものだったという。

「竹内さんは国民的な女優です。万が一経験の浅い警察官が“他殺の可能性も”などと言い出すと、大騒ぎになってしまうため、今回は所轄の渋谷署だけでなく、警視庁本庁にも連絡がいきました。捜査のトップといえる刑事部長自らが渋谷署に駆けつけ、徹底的な情報統制が敷かれた上で、素早く自殺だと断定されました。それだけ重大な事案だと判断されていたのです」(捜査関係者)

 中林が通報した約6時間後に、メディアで「自殺か」と報じられ、さらにその6時間後の午後2時20分頃には、竹内さんの遺体を乗せた霊きゅう車が渋谷署から出発。自宅の前を通り過ぎ、葬儀が行われる斎場に安置された。

関連キーワード

関連記事

トピックス

家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン