芸能

3時のヒロイン・福田麻貴、女優として飛躍 背景は「薄味」

トリオでの立ち位置は真ん中(所属事務所ホームページより)

 お笑いトリオ・3時のヒロインでリーダーを務める福田麻貴(32)が、日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系)に女優として初のレギュラー出演を果たして注目を集めている。お笑い界の新星として活躍する彼女は、テレビドラマや映画の世界でどのようなポテンシャルを発揮できるのだろうか。

 10月11日から放送スタートした『危険なビーナス』は、俳優の妻夫木聡が主演を務める恋愛サスペンスドラマ。東野圭吾の同名ミステリー小説が原作で、妻夫木演じる独身獣医の主人公・手島伯朗が、異父弟の失踪事件をきっかけに、亡母の再嫁先の遺産をめぐる謎に挑んでいく物語だ。ヒロインとして、女優の吉高由里子が演じるミステリアスな美女・楓(失踪した弟の妻)が登場する。

 福田は看護師でシングルマザーの永峰杏梨役として出演。末期がんのため寝たきり状態となっている主人公の義父を専属で看護するという役どころだ。レギュラー出演のオファーが来た時の心境について、彼女は「絶対にドッキリだと思っていました(笑)」とコメント。また「杏梨が持つ哀愁をじんわりと表現できたらなと思っています」と意気込みも語っていた。

 昨年12月に実施された『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)で優勝して以降、一気に人気若手芸人の仲間入りを果たした3時のヒロイン。バラエティ番組に出演するほか、とりわけリーダーの福田は今年5月に女優として深夜ドラマ『いいね!光源氏くん』(NHK)にゲスト出演するなど活躍の場を広げてきた。

 そんな彼女は、もともと吉本興業に所属するアイドル・グループ「つぼみ(現・つぼみ大革命)」の1期生として活動していたことが知られている。2014年に卒業するものの、現在もつぼみ大革命のネタを手がけるなど交流は続いているようだ。福田のポテンシャルについて、お笑い評論家のラリー遠田氏はこう評価する。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン