• TOP
  • 国内
  • 永田町に響く「安倍ガールズ」の悲哀、「菅ガールズ」の歓喜

国内

2020.10.23 07:00  NEWSポストセブン

永田町に響く「安倍ガールズ」の悲哀、「菅ガールズ」の歓喜

 

杉田氏(上)は去り、三原氏(下)は日の当たる場所へ

 そして、安倍ガールズが去った内閣や党の中枢には、代わって「菅ガールズ」が招き入れられた。菅チルドレンとして知られる三原じゅん子氏は入閣候補とまでいわれたが、「さすがに行政手腕が未知数で反対の声が多かった」(同前)ことで、厚生労働副大臣に。安倍ガールズにも数えられた丸川珠代氏は、素早い変わり身を見せて総裁選でいち早く菅支持を表明、党役員連絡会のメンバーである広報本部長の椅子を手に入れた。

 興味深いのが、稲田朋美氏に代わって幹事長代行に就いた野田聖子氏だ。安倍内閣の総務相時代には、菅氏が推進した携帯料金値下げ方針に、「そういうお話は来ていない」と不快感を示したり、自身の金融庁口利き疑惑では、対応に追われた菅氏が激怒したとも伝えられるなど、もともと関係は良くないと見られていた。

 ところが、総裁選では早々と出馬断念して菅支持を表明、最近はサイバーセキュリティ対策推進議連の会長として菅氏を訪ねて接近するなど、服従姿勢に転じて抜擢された。菅氏からすれば、「節操のある頭のいい態度」なのか。

 自民党の女の闘いにも、諸行無常の栄枯盛衰があるようだ。

取材・文/武冨薫(ジャーナリスト)

関連記事

トピックス