芸能

筒美京平さんが語っていた仕事観 アイドルと時代を掴む力

若き日の筒美京平さん(時事通信フォト)

 日本に“アイドル”という言葉が定着していく1970年代、稀代の作曲家・筒美京平さん(享年80)は南沙織『17才』や岩崎宏美『ロマンス』など10代歌手のヒット曲も量産していた。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の中で、アイドルの立ち位置や大衆の受け止め方の変容を詳細に分析しているライターの岡野誠氏が、筒美さんの数少ないインタビュー記事を軸に「筒美京平とアイドル」を考察する。

 * * *
 ヒット曲を作る──。その一念で仕事に没頭した筒美京平氏は日本のアイドルシーンを語る上で、欠かせない人物である。

 筒美氏が日本グラモフォンに入社し、研鑽を積んでいた1960年代、若者から喝采を浴びる橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦は“御三家”と呼ばれ、ジャニーズ事務所のフォーリーブスは“ヤングポップス”などと形容されていた。“アイドル”は元来、外国人のスターなどに用いられていたからだ。しかし、1970年代になると、“少年少女や学生に人気のある外見の良い10~20代前半のスター”が徐々に“アイドル”と呼ばれるようになっていく。

 この言葉の定着を考える際、1971年は重要な位置を占める。同年は筒美氏にとって、エポックメイキングな1年だった。尾崎紀世彦の『また逢う日まで』が『日本レコード大賞』の大賞を受賞。堺正章の『さらば恋人』、井上順之(現・順)の『お世話になりました』などもヒットさせ、オリコンの作曲家年間売上ランキングで初めて1位に輝いた。

 この年、10代の小柳ルミ子、南沙織、天地真理がデビュー。オリコンの年間シングルチャートでは小柳の『わたしの城下町』が1位を獲得し、筒美氏作曲の南沙織『17才』は11位にランクインした。ともに、新人としては異例の好成績だった。野口五郎も5月に演歌でデビューし、8月には筒美氏作曲の『青いリンゴ』でポップスに転身した。

“10代でルックスの良い歌手が売れる”という1971年のブームは、一時的なものではなかった。翌年に郷ひろみ、西城秀樹がデビューし、程なくして野口五郎とともに『新御三家』と呼ばれるようになる。小柳、南、天地には『新三人娘』という愛称が付き、ヒット曲を連発していった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン