• TOP
  • スポーツ
  • 来季DeNA、三浦大輔監督就任で機動力野球展開に期待も

スポーツ

2020.10.25 16:00  NEWSポストセブン

来季DeNA、三浦大輔監督就任で機動力野球展開に期待も

三浦大輔氏(左)の監督就任でこれまでの「ラミレスカラー」を一新か?(写真は2019年。時事通信フォト)

 DeNAラミレス監督が今季限りで退任することを発表した。24日に横浜スタジアムで記者会見を行い、「こういった結果(今季の優勝可能性がなくなったこと)を招いた責任をしっかりとらなくてはいけないと思い、昨日、三原一晃代表に話をして、辞任することを決めました」と語った。後任には三浦大輔2軍監督が就任する見通しだ。野球担当記者が話す。

「中畑清監督の後を受けて2016年に就任したラミレス監督は、昨年までの4年間で3度Aクラスに入り、2017年にはクライマックスシリーズを勝ち上がって日本シリーズにも進出した。前身の大洋ホエールズ時代を含め、5年以上指揮を取ったのは1968年から1972年までの別当薫監督以来です。3度以上、Aクラスに導いたのは三原脩監督、別当薫監督、権藤博監督の3人しかいなかった。数字を見れば、球団史に残る功績です」(以下同)

 一方で、“奇策”とも言われる独特の采配は、批判の対象にもなっていた。

「今季はランナー1塁の場面で打席に入ったピッチャーに強攻させたり、首位・巨人との大事な一戦でリリーフのパットンを先発させて大炎上させたりと、理解に苦しむ作戦もあった。また、梶谷隆幸や神里和毅など走れる選手がいるのに、あまり機動力を使わず、大砲の一発に期待する大味な野球だった。2016年ドラフト9位の佐野恵太を今季から4番に抜擢させて開花させるなど、打者を見抜く目は間違いがなかっただけに、DeNAも5年間と長期にわたって監督を任せていたと思いますが、ラミレス監督では優勝できないと判断したのでしょう」

 来季の新監督と目される“ハマの番長”こと三浦大輔氏は1991年ドラフト6位で入団すると、横浜一筋で25年間の現役生活を全うし、172勝(184敗)を挙げた。2005年には最優秀防御率のタイトルも獲得。1998年の日本一という美酒も味わったが、2002年から2015年までの14年間で最下位10度の暗黒期も経験した。2016年限りで引退し、昨年は1軍投手コーチ、今年は2軍監督を務めている。

関連記事

トピックス