• TOP
  • スポーツ
  • 仙台育英「来年のドラ1候補」2年生が自主退学していた

スポーツ

2020.10.26 07:00  週刊ポスト

仙台育英「来年のドラ1候補」2年生が自主退学していた

 何らかの事情で自主退学を選んだという。

「野球を辞めたのか」と問いかけると、「(次の学校は)まだ決まってないです。(野球は続けるのかという質問に)そうですね」と、かみしめるように答えた。過去のインタビューではプロ入りを希望していたが、もし転校したとして、彼はドラフトにかけられるのか。

「高野連の規定で転校した場合は公式戦に1年間出場できません。甲子園への道は断たれましたが、NPBの規則では本人がプロ志望届を提出すれば来秋のドラフトの対象にはなる」(前出・アマチュア担当)

 実力は折り紙つき。これがプロ入り後の糧になることを祈る。

※週刊ポスト2020年11月6・13日号

関連記事

トピックス