• TOP
  • スポーツ
  • 女子アスリート盗撮被害問題 カメラを持つ不審者出没の実態

スポーツ

2020.10.29 07:00  週刊ポスト

女子アスリート盗撮被害問題 カメラを持つ不審者出没の実態

選手が集中できない(写真は10月2日の陸上日本選手権、共同通信社)

選手が集中できない(写真は10月2日の陸上日本選手権。共同通信社)

 ネット上に溢れる女子アスリートのバストや股のアップ写真──。10月13日、日本オリンピック委員会(JOC)がそうした「性的画像」について、競技横断的な対策に乗り出すことが明らかになった。きっかけは8月に、複数の女子陸上選手が日本陸上競技連盟に被害を相談したことだという。

「2005年頃からビーチバレーや競泳などで卑猥な写真のネット流出被害が出始めました。最近は陸上競技が深刻で、主流になった露出の多いユニホームが一因との指摘もあります」(全国紙記者)

 例えばあるサイトでは、女子選手たちの胸元や下半身をアップにした写真や動画が投稿されており、卑猥なコメントが書き込まれている。

 首都圏の陸上クラブの関係者は語る。

「小学生から大人の大会まで、カメラを手にした不審者は毎回出ますし、“常連”もいます。主催者側も競技場へのカメラ持ち込みを登録制にしたり、選手のお尻が向く方向の観客席に撮影禁止エリアを設けるなど対応はしています。それでも禁止エリアに一瞬だけ入る人や、特大の望遠レンズでストレッチする姿を狙う人は絶えない。しかし、不審者を見つけても撮影を取り締まるような法律はない。選手たちは観客席が気になって集中できません」

 スポーツ評論家の玉木正之氏はこう嘆く。

「盗撮を行なう観客のモラルの低さは問題外だが、一方で、鍛え抜かれたアスリートの身体は美しく、何が『性的』かの線引きは非常に難しい。対策は簡単ではありません。肖像権を守る名目で報道以外のカメラ撮影を禁止する手はありますが、JOCがそこまで踏み切れるか。まずはサイト側に削除要請をするなど毅然とした対応をしていくしかないでしょう」

 女子アスリートを守れるか。

※週刊ポスト2020年11月6・13日号

関連記事

トピックス