• TOP
  • 芸能
  • 女優・中条あやみに期待の声「新垣結衣のような凄いオーラ」

芸能

2020.10.31 16:00  NEWSポストセブン

女優・中条あやみに期待の声「新垣結衣のような凄いオーラ」

銭湯やサラ川が好きな一面も(時事通信フォト)

 モデルで女優の中条あやみ(23)が、10月31日スタートの連続ドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚』(NHK、土曜深夜)で主演に挑戦する。連続ドラマでは初の単独主演を務めることになる彼女。女優としての飛躍に期待の声が高まっている。

 1997年に生まれ、2011年より若い女性向けのファッション誌『Seventeen』の専属モデルとしてキャリアをスタートさせた中条は、2012年から女優としての活動も開始。デビュー作はアクションサスペンスドラマ『黒の女教師』(TBS系)だった。

 2014年にはホラー映画『劇場版 零〜ゼロ〜』で初の主演に抜擢。さらに活躍を続け、昨年には連続ドラマ『白衣の戦士!』(日本テレビ系)で女優の水川あさみとダブル主演を果たしている。

 そんな中条の魅力について、本人に取材したことのあるカメラマンでライターの名鹿祥史氏は「小顔でスラッとした細身、印象的な眼差しが中条さんの最大の武器」だと語る。

「イベントなどで実際に取材をし、会ってみると、同世代のタレントやモデル、女優とは比べ物にならないほどの華を感じます。芸能人を見慣れた報道陣はちょっとやそっとのオーラでは驚いたりも、見ほれたりすることもありませんが、かつての深田恭子や綾瀬はるか、新垣結衣らがそうであったように、そこにいるだけで関係者を味方につけるほどのオーラを纏っているのです。表情に険もなく、どんな仕事も嫌味なくこなせてしまう。そういう意味でも今後、ドラマや映画でのヒロイン起用が増えていくと思います」(名鹿氏)

 また、演技力の面でも今後の活躍に期待することができるそうだ。

「演技力の面では、昨年、その未熟さをメディアなどで指摘されてしまうことも多かったのですが、演技力は経験を重ねることも大切です。今回のドラマで単独主演を果たすことでまた一つ成長が見込めますし、女優としての自覚も強く芽生えてくると思います。何より彼女には天性の華があるので、作品にさえ恵まれれば、この主演作を機に女優としても一気に飛躍できる可能性は十分にあると思います」(名鹿氏)

関連記事

トピックス