• TOP
  • ライフ
  • コロナ後の不倫調査員 マスクをした対象者も判別するワザ

ライフ

2020.11.02 07:00  週刊ポスト

コロナ後の不倫調査員 マスクをした対象者も判別するワザ

マスクしているから大丈夫、ではない?(イメージ)

マスクしているから大丈夫、ではない?(イメージ)

 コロナ禍も関係ないのが男女の色恋沙汰。不倫カップルはどうやって逢瀬を重ねているのか。訪ねたのは、都内にある不倫調査を行なう某調査会社。不倫だけでなく、人捜しなども請け負うという同社の代表が語る。

「以前は浮気調査といえば妻が夫を疑うケースがほとんどでしたが、ここ数年、旦那さんからの依頼が急増しています。今回は有名企業に勤める50代男性からの依頼で、5歳年下の専業主婦のA子さんを調査しました」

 探偵業もコロナによる生活様式の変化に影響を受けているという。

「いまは道行く誰もがマスクをしているので、本人確認が難しくなりました。大規模なマンションやオフィスビルからの“出待ち”の場合、確認が本当に大変です」(同前)

 調査対象者に最初に接触するまでは依頼主から渡された「顔写真」しか手がかりがないことが多い。そのため、顔の下半分を覆う「マスク」は人物特定の大きな障壁となるのだ。

「コロナが流行してからは、調査開始前に依頼主から詳細な服装の特徴や外出のタイミングを携帯で連絡してもらい、可能な限り自宅前で本人確認をしています。マスク越しとはいえプロですから耳の形や目鼻立ち、歩き方の癖を一度でも見れば、街中でもかなり判別がつきます」(同前)

妻の帰りが息子より遅い

 外出自粛ムードが続いたことで、不倫調査の依頼は業界全体で減少傾向にあるという。

「ステイホームが理由でしょうが、それでもコンスタントに依頼はあります。どんな状況下でも浮気を続ける人は続けるんです。最近は不倫相手が『職場関係』という調査が増えました。恐らく万が一コロナに感染したり、濃厚接触者の調査対象になっても、同じ職場ならボロを出さずに済むと考えているからでしょう。以前は出張先のレストランやホテルでの密会が多かったが、さすがに今はほとんどありません」(同前)

関連記事

トピックス