芸能

最後のアラフェス 延期、無観客、収録…実現までの100日間

過去の「アラフェス」では花火などの演出で盛り上げた

 11月3日16時半、「アラフェス 2020 at 国立競技場」のPART1が配信された。ステージに立ち上がった数十本の水柱のなかからメンバーが登場した。いつものようなファンの歓声はない。しかし、5人はまるで会場にファンがいるかのように客席に向かって歌い、踊る──。30代女性ファンが興奮気味に話す。

「昼から始まった『生配信だョ嵐会』では、5人がケーキでデビュー日をお祝いしたり、カレーを作ったり、すごろくをしたりと素顔が見られて楽しかった。でも、なによりもライブが最高でした!」

 19時半から配信されたPART2では「アラフェス」恒例の演出がふんだんに見られた。高さ40mのウォーターキャノン、約5万個の風船、そしてクライマックスでは夜空を明るく彩る約2500発の花火──。二宮和也(37才)が「世界一のショーを見せてやる!」とMCで話したように、その日のライブはこれまでの集大成が詰め込まれていた。

 そのライブは、長い、長い時間をかけた入念な準備があって実現したものだった。もともと、東京五輪を控えた5月15、16日に開催される予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大によってやむなく延期に。国立競技場は2008年から6年連続で嵐がコンサートを行い、ファンにとっては聖地のような場所。その「こけら落としライブ」を楽しみにしていたファンのため、メンバーの5人はその地に立つことに最後までこだわったという。

「年内で活動を休止するメンバーにとって、そのライブはファンにお礼を直接伝える貴重な場の1つでした。そのため、どんな形でも実現したかったのでしょう。実は、7月の時点で、10月23~25日に国立競技場で“ライブ”を行うことは決まっていたんです。ただ、観客を入れられるかどうかは、ギリギリまで悩んでいました」(音楽業界関係者)

 あくまで観客を入れるという前提で、8月には打ち合わせがスタートしたという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

春夏合わせて15回の甲子園出場
野球部員の飲酒を公表しなかった九州学院 「甲子園飲酒県議」との対応の違いに疑問の声
NEWSポストセブン
松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)
解説・松木安太郎氏の「いいボールだ!」絶叫はなぜ減った? 研究家が感じ取ったW杯の“異変”
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明
引退後に学生へ転身した元プロ野球選手 医師を目指す者、研究者を目指す者
週刊ポスト
後見人のふたりが一騎打ち?(時事通信フォト)
動き出す「ポスト岸田選び」本命・茂木、対抗・河野を押しのけ、麻生vs菅の一騎打ちも
週刊ポスト
(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
拡散している動画(ツイッターより)
札幌市内『すき家』深夜「気温4℃で半袖トレーニング」 広報が答えた衝撃動画の真相
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト