国際情報

トランプ大統領の姪「ドナルドは3歳のときと変わらない」

大統領選は接戦が続いている(Getty Images)

 11月3日に投票を迎えたアメリカ大統領選は、接戦となっていて予断を許さない状況になっている。ドナルド・トランプ大統領とジョー・バイデン元副大統領、果たしてどちらがアメリカの次の4年間を率いることになるのか。トランプ大統領の姪で、告発本『世界で最も危険な男』を上梓した臨床心理学者のメアリー・トランプ氏は、トランプ大統領が再選したら「アメリカの民主主義は終焉する」と警告を発していた。再び、メアリー氏の言葉に耳を傾けてみよう。

〈ドナルドがどうしていまのような人間になったのか、最もよく知っているのは血のつながった家族である。しかし不幸なことに、そのほとんど全員が、身内びいきの感情あるいは恐れから口を閉ざしてきた。

 だが私は、そのどちらの感情にも妨げられない。ドナルドの兄の娘であり唯一の姪として直接見聞きしてきたことに加え、私には訓練を受けた臨床心理学の専門家としての視野がある。トランプの血族でそれを語る意志を持つ者は、私しかいない。〉

〈今日のドナルドは、三歳のときと変わらない。成長したり、学んだり、進化したりすることは見込めず、感情をコントロールすることも、反応を抑制することも、情報を取り入れてそれをまとめることもできない。

 ドナルドは、絶えず賞賛の光を要求するものの、そうした光は浴びるそばから消えてしまう。満足することはけっしてない。これは、よくあるナルシシズムの域をはるかに超えている。ドナルドはただ弱いわけでなく、自我が脆弱なために、常にそれを補強しつづける必要がある。なぜなら、自分は主張しているとおりの人間ではないと心の奥でわかっているからだ。〉

 肉親の目から見ると、3歳のときからまったく成長していないというトランプ大統領。その人物が、さらに4年、世界のスーパーパワー・アメリカのリーダーを務めることになる。メアリー氏はとくに、コロナ対策の杜撰さに恐ろしさを感じている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン