国際情報

“味方”のFOXにいち早く「落選」報じられてトランプ激怒

トランプ氏は法廷闘争も辞さない構え(AFP=時事)

トランプ氏は法廷闘争も辞さない構え(AFP=時事)

 アメリカ大統領選挙は、投票締め切りから30時間ほど経った本稿執筆現在も、6州で当確が出ておらず、トランプ、バイデン両候補とも勝利に必要な選挙人獲得には至っていない。双方から法廷闘争の声も聞かれ、結果が確定するまでしばらく時間を要しそうだ。その泥沼の大接戦のなかで、ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏は、選挙当日深夜に起きた“ある事件”に驚いた。

 * * *
 当然のことながら、大統領選挙の開票速報特番はアメリカでは高い視聴率を誇る。各局とも司会者やゲストの人選、様々な分析や伝わりやすいビジュアルなど工夫を凝らしてこの日に備えてきた。なにしろ、筆者がお世話になっている、ポーランド移民で英語があまり得意ではないクリーニング・レディまでが、深夜まで釘付けで見ていたと眠そうな目で言うのだから、テレビ局にしてみれば4年に一度の高視聴率が約束された人気番組なのである。力が入るのも当然だ。それにしても、アメリカでは彼女のような労働者階級の女性の政治意識が非常に高い。日本ではどうなのだろう。こういう庶民の感覚や力が政治を動かすことは、民主主義にとって大事な要素ではないだろうか。

 筆者は今回、これまであまり開票速報を見たことがなかったFOXニュースをじっくり見ることに決めた。トランプ・チャンネルとも揶揄される同局は、選挙直前まで徹底してトランプ支持の姿勢を貫き、バイデン氏と民主党を叩いてきた。選挙特番は午後4時から始まった。投票が終わるのが午後8時だから、前座が長い。投票当日とあって、あからさまなトランプ支持というわけではなかったが、事前調査で劣勢が伝えられていたトランプ氏に遠慮があるのか、選挙とは関係ないトランプ氏へのごますりのようなコメントが多い。ここまでは退屈な番組だと思いながら我慢して見ていた。

 午後8時、投票が締め切られると、各州の予測や上下両院議員選挙の情勢など、次々と見通しが発表されて活気づく。これは日本の選挙特番と同じである。しかし、各局見比べても、いずれも結果の予測は慎重だった。それだけ接戦なのだと視聴者にも伝わる。FOXもトランプ氏が勝つとも負けるとも言わないし、CNNも同時に見ていたが、こちらもはっきりした予測は口にしない。

 ところが、筆者が思わずソファから身を乗り出して見入ったのは、深夜11時半くらいになって、突然、FOXの予測・分析を担当する男性が、「2016年の大統領選挙でトランプ氏が獲得したアリゾナ州が、今回はバイデン氏の勝利になりそうだ」と、具体的な予測を語り始めたのである。大統領選挙で、各州の結果をこんなに早く明言するのは異例である。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン