芸能

山田裕貴、「謂れなき中傷」を跳ねのけた俳優業への覚悟

(Top Photo/時事通信フォト)

大いなる目標を掲げて躍進(Top Photo/時事通信フォト)

 気が付けば、山田裕貴が毎クールのようにドラマに出演している。来年1月からは、主演ドラマ『ここは今から倫理です。』(NHK総合)と、『青のSP-学校内警察・嶋田隆平-』(フジテレビ系)の出演作2本が同時期に放送されることが決定。2011年に特撮ドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』で俳優デビューした山田だが、30歳でついにブレイクを果たした。

 山田の知名度を一気に上げたのが、2019年に放送されたNHK連続テレビ小説『なつぞら』だろう。同ドラマにおいて、山田は、広瀬すず演じるヒロインの幼馴染・小畑雪次郎役を好演。雪次郎の三枚目なキャラクターは「かわいい」と人気を集め、彼をメインにしたスピンオフドラマ『十勝男児、愛を叫ぶ!』が制作されるに至った。

 かつては元プロ野球選手・山田和利の息子として紹介されることが多く、「親のコネ」と謂れなき中傷を受けることもあったという山田。しかし、現在の活躍ぶりを見るに、いまや山田の父親が誰か知らないファンも大勢いるのではないだろうか。

 若手俳優界に造詣が深く、山田の俳優活動を追ってきたというライターの西森路代氏は、印象深かった山田の役どころをこう振り返る。

「『海賊戦隊ゴーカイジャー』に出演後、『GTO』や2013年にCS放送フジテレビTWOで放送されたドラマ『イタズラなKiss~Love inTOKYO』などに出演していて注目していましたが、個人的に忘れられないのは脚本・演出を前田司郎が手掛けた2016年の舞台『宮本武蔵(完全版)』での主演でした。

 2015年に始まり映画化もされた『HiGH&LOW』シリーズでは、鬼邪高校のアタマである村山良樹役を演じました。山田さんは、村山という役を自分のものにし、成長させるのと同時に、俳優としての存在感もどんどん増していって、ある意味、このシリーズに出演する俳優たちに『自分も“第二の村山”になろう』と思わせたのではないかと思います。

 2019年は、朝ドラ『なつぞら』の雪次郎役で広く知られることになりましたが、劇団イキウメの前川知大が脚本・演出を手掛けた舞台『終わりのない』で主演を務めるなど、充実した1年だったのではないでしょうか。同年末に取材した際に、山田さんは『新人賞っていつまで獲れるのかな』と言われていましたが、その直後、まさに『終わりのない』で文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞を受賞しました。舞台を見た一観客としても納得の受賞でした」

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン