グラビア

東雲うみ写真集を尻職人・倉持由香が味わい尽くす極レビュー【後編】

スポーツブラに、ピッチピチのグレーのスパッツ

スポーツブラに、ピッチピチのグレーのスパッツ

 週刊ポストの「日本一の美尻グラドル総選挙2020」で1位に選ばれた東雲うみが、満を持してグラビアを披露! しかも記念すべき初のデジタル写真集を、先輩グラドルの「尻職人」こと倉持由香が監修した。11月16日に発売された『尻職人・倉持由香監修 東雲うみ ヒップリッ!』を、監修者・倉持自身が撮影裏話も交えながら、レビューする。写真集を1ページずつめくりながら、これまで気づかなかった魅力を再確認してほしい!(後編。12月1日19時公開の前編から続く)

「汗ダクダクだよ、うみちゃん」

 えー、写真集も中盤を越えて、トレーニングウェアのシーンになりました。スポーツブラに、ピッチピチのグレーのスパッツ。女の子がトレーニングしてる姿ってすごくいいですよね。この衣装はうみちゃんからのリクエストが出ていたのですが、私からはさらに味付けをしまして……、やっぱりジムウェアを濡らすのがいいんです! 汗で色が濃くなって変色している部分がすごく好きなんです。鎖骨や首元に汗の水滴が垂れているのもいいですね。頑張って鍛えているうみちゃん……、「ガンバレー!」って思わず応援したくなりますね。

 パッツパツのスパッツのお尻がたまりません。これまでのシーンではお尻の肌が前面に出ていましたが、ここで初めて「隠されたお尻」の良さに気づかされます。そして68ページのカットは、現場で私から「どうしても見たいです!」とリクエストしました。お水をダラダラと、ミネラルウォーターを唇の端から良い感じに垂らしながら飲んでいるシーンです。ウェアもびしょびしょだから「もう濡れるのなんて、どうでもいい」と勢いよくゴクゴク、ダラダラ、びちゃびちゃと飲んでいるのがいいですね。

いよいよスパッツを脱ぎだしますよ!

いよいよスパッツを脱ぎだしますよ!

 さあ、お待ちかねのみなさん、いよいよスパッツを脱ぎだしますよ! おおっ! 脱いだスパッツの下に穿いているグレーのショーツにも汗が染みてます。私がこれを見たらにじり寄って「汗ダクダクだね、うみちゃん!」と声をかけてあげたくなります(笑い)。

 レーシーなランジェリー感あふれるショーツもいいですが、私はシンプルイズベストで、グレーのなんにもないショーツが好きです。ここまで衣装というソースを、うみちゃんという素材にかけて味わっていましたが、このチョイスは「塩」、岩塩くらいのシンプルさです。素材の味をより引き出すシェフの技です。人間がDNAレベルで求める根源的な味なんですよ。

 75ページは、脱ぎかけのスパッツとショーツのバランスがバッチリです。これは芸術ですね。汗の水滴と、シワと、ムニッとしたお尻の感じはポスターにしたいくらい。締め付けられていたスパッツを「プリッ」と脱いだ時のプリッと感。動画だったら「ズルっ」「ぷりっ!」「ぼんっ!」ってお尻が出てくるんですよ、きっと。「プリッ!」「プルンッ!」の感じは、まさしく写真集のタイトル通りのお尻です。この写真も写真集を象徴する1枚ではないでしょうか。

 85ページではスポブラの肩紐もはずして、ムギュッとGカップの谷間を寄せて、そのGカップの谷間の真ん中のくぼみに汗がたまっています。ちょっと飲めるくらいにたまっています。そして、ちょっとウットリしている表情がまたいいですねぇ。オツです。胸元にたまった汗でグイッと一杯飲みたいですね(笑い)。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン