• TOP
  • 芸能
  • 『おちょやん』杉咲花 「身体に染み込ませる」役作りの努力

芸能

2020.12.06 07:00  NEWSポストセブン

『おちょやん』杉咲花 「身体に染み込ませる」役作りの努力

(時事通信フォト)

実力派の若手女優として注目を集める(時事通信フォト)

 NHK連続テレビ小説『おちょやん』が、11月30日より放送スタートした。ヒロイン・竹井千代役を演じるのは杉咲花(23)。ヒロインのモデルとなった浪花千栄子は、奉公などで苦労を重ねた末に、40歳で女優として遅咲きの花を咲かせ、「大阪のお母さん」として親しまれた昭和の名女優だ。温かみのある美しい大阪弁を話すことで知られる存在であるだけに、東京出身の杉咲にとっては、なかなかハードルの高い役どころになるかと思われたが、放送が始まってみると、杉咲の自然な言葉遣いが絶賛されている。

 杉咲が朝ドラに出演するのは、2016年度上期に放送された『とと姉ちゃん』以来、約4年ぶり。ようやく掴んだ朝ドラヒロインという大役に懸ける情熱はかなりのもののようだ。番組公式サイトに掲載されたインタビューの中で、杉咲は、なんと撮影が始まる10か月以上も前から、大阪に毎週通って方言を勉強したことを明かしている。

 今年23歳になったばかりの杉咲は、実力派として定評がある。2013年に放送された『夜行観覧車』(TBS系)での演技を覚えている人も多いことだろう。同ドラマにおいて杉咲は、「家庭内では暴力を振るう一方、学校ではいじめられている少女」という難役を熱演した。

 2016年公開の映画『湯を沸かすほどの熱い愛』では、主人公の娘役を演じ、「第 40回日本アカデミー賞」の最優秀助演女優賞をはじめ、いくつもの映画賞を受賞。昨年放送されたNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』での演技も好評で、骨太な作品にこそマッチする女優と言えるかもしれない。

 杉咲のインタビュー企画を多数担当してきた映画ライターの磯部正和氏は、その印象をこう語る。

関連記事

トピックス