• TOP
  • 国内
  • 森永卓郎氏も苦言「コロナに踊らされて情報が見えない人々」

国内

2020.12.06 07:00  NEWSポストセブン

森永卓郎氏も苦言「コロナに踊らされて情報が見えない人々」

森永卓郎氏は「東京に行かない生活」を選んだ(時事通信フォト)

森永卓郎氏は「東京に行かない生活」を選んだ(時事通信フォト)

 コロナ禍でその人の本質が見えてしまうという話は枚挙にいとまがない。『週刊ポスト』(12月7日発売号)では、「第3波で露見した『ざんねんな人々』」と題して、コロナ禍での困った隣人や仕事仲間の言動を特集している。同記事でジャーナリストの鳥越俊太郎氏は、問題行動を起こすのはコロナのせいではなく、「その人の本質が現われただけ」と指摘した。もう一歩踏み込むと、科学的にも社会的にも不合理な言動を押し通してしまう人たちに共通しているのは、情報を正確に理解し、冷静に判断することができなくなっていることかもしれない。

 アメリカでは、トランプ大統領の「大統領選挙で大規模な不正があった」という言動には根拠がなく、嘘であることが各地の裁判所や保守系を含むメディア、さらにはトランプ政権の司法省によって明らかにされた。にもかかわらず、諦めきれないトランプ支持者たちは、今も“根拠なき不正”を叫び続けている。その人たちはまた、トランプ氏の「コロナはただの風邪」という言葉にも反応し、マスクも着けずに大集会を繰り返して感染拡大の担い手になってしまっている。トランプ氏自身が、マスクを着用せずに自ら感染し、家族や側近にも感染者が続出しているにもかかわらず、「マスクは不要」が支持者の合言葉になっている。これも、情報を正確に、冷静に判断できなくなってしまった人たちの例だろう。

 新型コロナには、いまだ不明な点が多い。諸説もある。もちろん、「それほど危険ではない」と考える専門家もいる。しかし、感染が起きる仕組みや科学的な実験、統計的なデータから、マスクが感染予防に有効であることは疑う余地がないし、いわゆる「3密」が良くないことも確かだ。そして、それが社会的常識であるならば、皆が未知の病気に怯えているなかで、あえて眉をひそめられる言動は避けるのが社会人としての責任だろう。

 40代のパート女性は、連れ添ってきた夫の言動によって長年の信頼関係が傷ついてしまったという。

「子供のサッカークラブの保護者会で、夫が『コロナはただの風邪』と主張していて……。自分がそう考えるのは自由だけど、周りの人たちに吹聴するのが死ぬほど恥ずかしかった。皆さん社交辞令的に『そういう考えもありますね』と受け流してくれましたが、お願いだからもうやめてほしいと心底思っています」

 家族の中での考え方の違いは深刻な不信感を招く。

「義父が遊びに来た時、家に入る時に手洗いやアルコール消毒はしてくれるけど、そのあとあちこち触った手で、息子に手渡しでお菓子を食べさせる。『お義父さん、手渡しは……』と控えめに注意したら、『さっきアルコール消毒したから大丈夫』と言って、わかってくれません」(40代会社員女性)

 これくらいの食い違いは多くの家庭で起きていると想像されるが、「自分がどう考えるか」と同時に、「相手がどうしてほしいのか」を思いやる心の余裕が必要なのではないだろうか。

関連記事

トピックス