芸能

黒沢年雄 「スターと俳優は違う。人間離れしてなきゃダメ」

黒沢年雄が語る「スターと俳優の違い」とは

黒沢年雄が語る「スターと俳優の違い」とは

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、俳優の黒沢年雄が、東宝の専属を切られて東映で脇役を演じたこと、テレビシリーズ『ザ・ハングマン』で活躍したことついて語った言葉をお届けする。

 * * *
 一九七〇年代に入ると東宝は映画の業績が低迷、専属スターたちは契約を打ち切られ、フリーの道を歩むことになる。黒沢年雄もその一人で、その後は東映の『仁義なき戦い 頂上作戦』『新網走番外地 吹雪の大脱走』などで脇役を演じている。

「つらかったですね。東宝映画の社長だった藤本真澄さんに呼ばれたの。『専属契約をなくすから、お前はどういう世界に行こうと、どういうふうに演じようと、お前の思い通りに生きていけ』って。その時に呼ばれたのは、三船敏郎さん、加山雄三さんとかのメインどころで、他は藤本さんでない人に呼ばれていました。そのメインの一人だったことは嬉しかったです。

 でも、そこから低迷するわけです。あの頃は、もう食えなくて、食えなくて──。それで出たのが『仁義なき戦い』や『網走番外地』。今になっていろんな人から評価されたり『観てました』と言われるんですが、それが悔しくてね。

 出たくないもん、『仁義なき戦い』のちょい役なんて。だから、『観てました』と言われると違和感がある。その前の『白昼の襲撃』とかを観てほしいんだよ。でも、それは観ていない。だから、あの頃の話をされるのは嫌なんだよね」

 一九八〇年に始まるテレビシリーズ『ザ・ハングマン』(ABC)で黒沢は悪党を闇に始末する「ハングマン」のメンバーの一員を演じ、その後の『ザ・ハングマンII』ではリーダー格のポジションになっている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン