国内

「地盤カルテ」で陥没、浸水、液状化の危険度を要チェック!

陥没事故が起きた調布市の現場は、盛り土の地盤だった(共同通信)

陥没事故が起きた調布市の現場は、盛り土の地盤だった(共同通信)

 これ、絶対に誰でもやってみたくなる。

『週刊ポスト』(12月14日発売号)が紹介している「地盤カルテ」というサイトでは、自宅や職場の住所を記入するだけで、その土地が「強い地盤」か「弱い地盤」かが100点満点で表示される。この「カルテ」は、A.地盤改良比率(その地域で建物を建てる際にどれくらい地盤改良工事が行われているか)、B.浸水リスク、C.地震による揺れやすさ、D.液状化リスク、E.土砂災害リスク(B~Eはいずれも行政の公開データを元に算出)の5つの指標で総合点をはじき出す仕組みである。地盤調査を手掛ける「地盤ネットホールディングス」が提供している無料サービスだ(https://jibannet.co.jp/karte/)。

 論より証拠。記者が住む東京下町の住所を入力してみる。なんと!「40点」という衝撃の結果となった。週刊ポストでは、東京と大阪の市区町、都道府県の地盤ランキングを掲載しているが、東京で一番弱い自治体となった江東区の平均が43.82点だから、40点というのは非常に残念な結果である。カルテの詳細を見ると、平地であるため土砂災害リスクは高得点だったが、残りの4つの指標はすべて「RISKY(危険)」と診断された。地質について、「約1万8000年前~現在までに形成された最も新しい時代の地層」と注意書きがある。隅田川に近く、下町情緒あふれる良い街なのだが……足元は脆弱なようである。

 地盤ネットの山本強・社長が「住みやすい街」と「安全な街」の違いを語る。

「例えば東京の千代田区などは地価が高く高級なイメージがありますが、低地ですから地盤は良くありません。低地は地価が高く、山側は地価が安いのが一般的ですが、地盤の優劣は逆になることが多いのです。比較的平らで地盤も良い台地は住むのに適していると言えますが、これも100%安全ではない。台地と台地の間には窪んだ場所がありますが、そこを盛り土で埋めて台地のように見せている土地も多いのです。今年10月に陥没事故が起きた東京都調布市の現場はまさにそうしたエリアでした」

関連記事

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン