ライフ

スパコンが試算 外食時の座席は隣り合う席は対面の5倍飛沫

世界一のスパコン「富岳」がコロナ対策にフル稼働(時事通信フォト)

世界一のスパコン「富岳」がコロナ対策にフル稼働(時事通信フォト)

 11月に発表されたスーパーコンピューターの性能ランキングで2度目の世界一となった「富岳」。理化学研究所と富士通が共同開発したこのスパコン「富岳」が、新型コロナウイルス対策のためにフル稼働している。理化学研究所計算科学研究センターの広報担当者が語る。

「来年度の共用開始に先立ち、富岳をコロナ対策のために優先的に提供しています。世界一の計算速度を駆使して様々なシミュレーションを行ない、感染防止に役立てていただくのが狙いです」

自動車内では窓開けよりエアコンを優先

 帰省や旅行など移動が増える年末年始は交通機関での感染対策が重要だが、これについて富岳が意外なデータを示した。

 自動車での移動時は「窓を開ける」のが感染対策の定番だが、富岳によればその効果は限定的のようだ。

 富岳はタクシーの市街地走行を想定しシミュレーション。時速40キロで走行した場合、「窓の開け方」「エアコンのかけ方」でリスクがどう変化するかを検証した。

 その結果、エアコンの風量を「中」(風量最大値の半分)にして窓を開閉するより、エアコンの風量を「最大」にして窓を締め切ったほうが換気効果が高かった(前者が換気に要した時間は68秒、後者は45秒)。なお時速20キロで同様の調査を行なうと、窓開けの効果はほとんど見られなかったという。浜松医療センター感染症内科部長の矢野邦夫氏が指摘する。

「窓を開ければ多少換気量は上がりますが、冬場は寒さを我慢して窓を開けるよりエアコンの風量を上げたほうが効果的と言えます。これはタクシーだけでなく一般の乗用車でも同様です」

 ただし、住宅での換気はエアコンに頼らないほうがいいようだ。実は多くの家庭用エアコンは室内の空気を循環させているだけで換気機能は備わっていない。とくに暖房でのエアコン使用時は、室内の湿度を低下させるため空気を乾燥させ、ウイルスの活性化も招いてしまう。

「そのため定期的な換気を行ない、加湿器を併用して感染リスクを抑える必要があります」(前出・矢野氏)

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン