芸能

風間俊介 街中で「桑原くんよね?」と声かけられ喜び感じる

マッチの不倫騒動はワイドショーでも大きく取り上げられている(時事通信フォト)

「桑原くん」で話題の風間俊介の素顔に迫る(時事通信フォト)

 いま「桑原くん」が話題だ。『監察医 朝顔』(フジテレビ系)に登場する主人公朝顔(上野樹里・34才)の夫・風間俊介(37才)が演じるのが「桑原くん」だ。よき夫、心優しき父親を好演する風間に、放送作家でコラムニストの山田美保子氏がインタビュー。ドラマに引っ張りだこのジャニーズアーティスト風間の素顔に迫る。

「どれだけ妻(=朝顔)のことを好きだと思ってるんだよ」と言いたい

山田:この2週、オンエア終了後に、『監察医 朝顔』(フジテレビ系)と共に「桑原くん」がTwitterのトレンドワード上位に入っていましたね。ものすごい反響で。

風間:「また取り調べを受けるのか」「容疑者としてまたパトカーに乗せられるのか」と思ったかたも多かったかも。

山田:(挙手して)はい、私です!

風間:アハハ。山田サンのようにぼくが出演してきたドラマをずっと熱心に見てくださっているかたは絶対そうなりますよ。自分でも“前科15犯”ぐらいまでは数えられたんですけど、実際はそれ以上ですから「え、『朝顔』でも?」ってね。まぁネタバレにならないように一言、「桑原がどれだけ朝顔のことを好きだと思ってるんだよ!」とだけ返しておきます。安心してください。街中などで「あなたの名前は知らないけど、桑原くんよね?」と声をかけられ、役名が浸透してきたのは、うれしい。役者冥利に尽きます。

山田:「月9を変えた」といわれる『朝顔』について、風間クンはどのように思っていらっしゃるんですか?

風間:ぼくはやはりヒューマンドラマだと思っているんです。みんな、さまざまな困難を抱えていたり、自分ではどうしようもできない哀しみに直面したりしても、それでも健やかな日常を目指して努力し続ける。そういう人たちの物語なので、ここから先も困難はやってくると思います。でも、次週予告をご覧になったかたたちが「どうなるの?」と思われたことはキッチリ回収していきますよ。特に今回は2クールと期間が長いからこそ、じっくり、ゆっくり、描けることがたくさんある。もともと、穏やかに流れる時間というのを大切にしてきたドラマなので、これからも、そうした部分をさらに大事にしながら、でも“納期”もあるので若干、焦りながらやってます(笑い)。

山田:私はずっと『朝顔』のテーマは「心の復興」だと思いながら拝見してきたのですが、期待以上です。

風間:ありがとうございます。やっぱり“家族”が主役のドラマなんですよね。スタッフもキャストの皆さんと本当の家族のように長くやってきたからこそわかり合えているし、プロフェッショナルな人たちが「朗らかに仕事をしましょうよ」という気持ちでやっている気がしますね。よく撮影中のエピソードについて記者さんたちから聞かれるんですけれど、「実は、こんなことがあって」というのがなかなか出てこないんです。「このあいだ、みんなですごく笑ったけど、あれ、なんでだったっけ?」と思い出せないのって、本物の家族になっている証拠だと思うんですよね。そして最大の魅力は、み~んな朝顔のことが大好きで、彼女のことをいちばんに思っているということ。法医学者という過酷な仕事に就きつつも、フツーの女子としての日常も描かれていることで、皆さんどこか安心して見られているのだと思います。

関連キーワード

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン