• TOP
  • 国内
  • 安倍昭恵さん「桜を見る会」捜査渦中でも連日の居酒屋出勤

国内

2020.12.23 16:00  週刊ポスト

安倍昭恵さん「桜を見る会」捜査渦中でも連日の居酒屋出勤

客を見送る昭恵夫人

客を見送る昭恵夫人

 Go Toトラベルの全国一時停止が発表された翌日の12月15日。夜6時過ぎに安倍昭恵夫人は、軽やかな足どりで自身が経営する居酒屋「UZU」へと入っていった。

「安倍前首相の『桜を見る会』前夜祭の経費補填問題は、特捜部が安倍事務所の公設第一秘書を政治資金規正法違反の疑いで立件する方針を固めている」(大手紙記者)

 昭恵夫人も前夜祭に参加しており無関係ではないはずだが、“関心”は別にあるようだ。夫妻の知人が話す。

「昭恵さんは『UZU』の経営に力を入れている。晋三さんが総理を辞めて気兼ねがなくなったのか、店にも足繁く通っています。コロナで完全予約制にしているようなので、客入りなどを心配しているようです」

 同店は無農薬、無添加の食材を元にしたメニューが売り。「山口県産」は特におすすめのようで、時短営業の一方でテイクアウトも実施している。いずれもベテランと思しき男女の店員たちが切り盛りするが、昭恵さんの思い入れは相当なものだという。永田町関係者が語る。

「UZUは昭恵さんにとってまさに“自分の居場所”なんです。自分がやりたいことを全部やって、かつ自分だけでも食べていけるってことを証明してみたくて始めた店。だから常連客に対しても“ケア”は手厚い。コロナ禍にあっても時間が許せば店に顔を出すようにしているようです」

 この日は夜10時半過ぎ、店内からグループ客に次いで、昭恵夫人が出てきた。客らから声をかけられると、昭恵夫人はノーマスクに満面の笑みで応対。手を振りながら、ハイヤーへと乗り込んでいった。

 翌日の夜7時過ぎにも、昭恵夫人は店に姿を現わしており、いかに店の経営に熱心かが分かる。

 ちなみにこの店、東京では一時停止となっているが、Go Toイートの対象店でもある。自分たちで補填したり、国に補填してもらったり、なかなか収支の合わない夫婦である。

※週刊ポスト2021年1月1・8日号

関連記事

トピックス